Internet Watch logo
記事検索
イベントレポート
【 2009/06/12 】
ひろゆき氏&夏野氏が講演「日本のネットは決してダメじゃない」
[18:57]
携帯ゲーム機のような見た目のNGN対応回線品質測定器
[14:28]
ISAO、IPデータキャストを利用したサービスイメージを展示
[11:33]
【 2009/06/11 】
アナログ停波後の周波数帯域を利用したマルチメディアサービス
[18:50]
日テレが「ニュース検索API」などを紹介、国内の地上波放送局初
[18:36]
UQ Com田中社長、高速&オープン志向「UQ WiMAX」のメリット語る
[17:45]
主催者企画コーナーでは「ServersMan@iPhone」のデモも
[11:13]
国内初のデジタルサイネージ展示会、裸眼で見られる3D映像など
[11:12]
【 2009/06/10 】
CO2排出量が都内最多の地域、東大工学部のグリーンプロジェクト
[20:01]
IPv4アドレス枯渇で「Google マップ」が“虫食い”に!?
[19:29]
UQ Com、7月の有料サービス開始に向けて「UQ WiMAX」をアピール
[19:20]
「Interop Tokyo 2009」展示会が開幕、今年はひろゆき氏の講演も
[14:53]

小さな指輪でFM放送並みの音声コンテンツを受信

NTT R&Dフォーラム2003 in 厚木

青い部分の向かって右側が赤外線の受光部。スピーカは写真奥の先端部分に付いている
 NTTマイクロシステムインテグレーション研究所のスマートデバイス研究部は、赤外線通信による指輪型音声受信ユニット「ボイスユビーク」を展示した。容量3cc、重さ5gの指輪に赤外線ポートやスピーカー、電池などを内蔵。耳にあてると、その場で配信されている音声コンテンツを聞くことができる。小さいながらも、FM放送並みの音声品質だ。

 展示会場では、1台のディスプレイの正面に立って指輪を耳にあてると、画面に連動した音声が聞こえてくるデモを行なっている。別のディスプレイでは、指輪の受光部の方向を変えることで、映画の音声を日本語と英語で切り替えられるようになっていた。また、指輪には無線ICタグも搭載されており、ディスプレイ横のリーダにかざすことで、ユーザー個々に用意したコンテンツを配信することも可能になっている。

 ボイスユビークシステムは、美術館や博物館、大規模店舗での音声案内としての利用が想定されているほか、視覚障害者向けのシステムとして可能性を検討しているという。指輪というかたちを選んだのは、装着しても違和感を感じさせない小型化と、必要な時にだけ耳にあてて使えるようにするためだという。電池1個で約40時間稼働する。


このシステムでは数メートルの距離で受信できる。発光部の設計しだいで長距離化も可能だ
 小型化を実現するため、ボイスユビークシステムでは音声をデジタル化して送信する際のフォーマットを工夫した。具体的には、1bitの疎密波に変換する方式を採用したため、デコードすることなく指輪のスピーカをドライブできるようになっているという。そのため、帯域は1.4Mbpsと音声としては大きめになる。

 ボイスユビークシステムは既存のパーツで構成されており、10万〜100万個オーダーで単価1,000円程度で提供できるという。一方、送信ユニットについては、受信ユニットよりも電力が必要になる。あらゆる場所に設置できるようにするため、小型化が課題になるとしている。


関連情報

URL
  指輪型音声受信ユニット「ボイスユビーク」
  http://www.ntt.co.jp/milab/project/sd_04_1.html


( 永沢 茂 )
2003/10/29 19:16

- ページの先頭へ-

Internet Watch ホームページ
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.