記事検索

MicrosoftとYahoo!が提携、検索事業で10年契約


MicrosoftとYahoo!の提携に関する特設サイト

 MicrosoftとYahoo!は29日、Web検索事業での提携を発表した。提携の契約期間は10年間。

 この提携により、MicrosoftはYahoo!の中心的な検索技術の独占的なライセンスを得て、技術をMicrosoftの検索プラットフォームに統合する。これにより、Microsoftの「Bing」が、Yahoo!のサイトにおける独占的な検索プラットフォームとなる。Yahoo!は、ディスプレイ広告(バナー広告)などの他の分野においては、自社の技術とデータを継続して使用する。

 また、Yahoo!は両社の検索広告の広告主に対する営業窓口となり、検索広告の入札システムについては両社ともMicrosoftの「AdCenter」を使用する。バナー広告については、両社が別々に営業を行う。

 Yahoo!のサイトで発生したトラフィックについて、MicrosoftとYahoo!は収益を分け合うが、Microsoftは提携から5年間はYahoo!に対してトラフィック獲得コストとして収益の88%を支払う。また、Microsoftは、Yahoo!の各国のサイトにおける最初の18カ月間の収益を保証する。

 この提携により、Yahoo!では約5億ドルの年間営業利益が得られ、約2億ドルのコスト節約になると見積もっている。両社は、米国当局のチェックを受けた後、2010年前半には提携を完了させたいとしている。


関連情報

(三柳 英樹)

2009/7/30 00:29

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.