記事検索

世界遺産を「ストリートビュー」で公開、ユネスコがGoogleと提携


 ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)と米Googleは3日、世界遺産の一部を「Google Maps」の「ストリートビュー」で公開することで合意したと発表した。対象となるのは、890カ所の世界遺産のうち18カ所で、これらはスペイン、フランス、イタリア、オランダ、チェコ共和国、英国にある。画像は、車で撮影されるか、車が入れない場合には3輪車が利用された。

 ユネスコでは、Googleに他の世界遺産も撮影を行うよう依頼している。優先順位として、一般の人がなかなか訪問できない場所を選択しており、管理者の許可を得てから公開される。これらの場所は、南アフリカ、ブラジル、カナダ、メキシコ、オランダに点在する。

 また、将来的には、ユネスコの生物圏保護区の動画、「Memory of the World Register(世界の記憶)」の動画ドキュメンタリー、絶滅の危機にある言語の保全などのために、Google Maps、Google Earth、YouTubeなどを使い、インターネットでアクセスできるように協働したい考えだ。


オロモウツの聖三位一体柱(チェコ共和国)

 今回、対象となった18の世界遺産は以下の通り。

 スペイン
 ・サンティアゴ・デ・コンポステーラ(旧市街)
 ・カセレスの旧市街
 ・歴史的城壁都市クエンカ
 ・サラマンカ旧市街
 ・アビラ旧市街と市壁外の教会群
 ・セゴビア旧市街と水道橋
 ・古都トレド

 フランス
 ・パリのセーヌ河岸

 イタリア
 ・ポンペイ、エルコラーノ、トッレアヌンツィアータの考古学地域
 ・シエナの歴史地区
 ・ウルビーノ歴史地区
 ・サン・ジミニャーノ歴史地区

 オランダ
 ・キンデルダイク-エルスハウトの風車

 チェコ共和国
 ・オロモウツの聖三位一体柱
 ・チェスキー・クルムロフ歴史地区
 ・プラハ歴史地区

 英国
 ・ストーンヘンジ、エーヴベリーと関連する遺跡群
 ・キュー王立植物園


関連情報


(青木 大我 taiga@scientist.com)

2009/12/4 16:21

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.