記事検索

「Mac版Yahoo!メッセンジャー3.0」公開、プログラムとデザインを一新


Mac版Yahoo!メッセンジャー3.0

 ヤフーは26日、メッセージングソフト「Yahoo!メッセンジャー」Mac版の最新版となるバージョン3.0を公開した。対応OSはMac OS X 10.6/10.5/10.4。

 Mac版Yahoo!メッセンジャー3.0は、米国ではベータ版として公開されているYahoo! Messenger for Mac 3.0を日本向けにローカライズしたもの。ソフトがユニバーサルバイナリ化され、Intel Macにもネイティブに対応。デザインも一新され、会話の履歴を保存・閲覧できるメッセージアーカイブ機能や、音声による1対1のボイス機能、相手が不在の場合は音声でメッセージを残せるボイスメッセージ機能などが搭載された。

 メッセージウィンドウにはタブ機能が導入され、複数のユーザーとのやりとりを1画面で管理できるようになった。タブはドラッグ&ドロップで順番が入れ替えられ、別ウィンドウとして切り離すこともできる。

 また、Windows版Yahoo!メッセンジャーとのファイルの送受信が可能になったほか、ユーザーの画像として「Yahoo!アバター」で作成したアバターを設定できる機能を搭載。さらに、iTunesで現在聴いている曲をユーザーのステータスに表示する機能が追加された。

メッセージウィンドウは吹き出し型などデザインが選べる 会話の履歴を保存・閲覧できるメッセージアーカイブ機能
音声による1対1のボイス機能を搭載 メッセージウィンドウにはタブ機能も導入された
ヤフーの小南晃雅氏
ヤフーの佐藤新悟氏

 Mac版Yahoo!メッセンジャーは、前バージョンの2.6から久々のアップデートとなる。ヤフーR&D統括本部フロントエンド開発本部の小南晃雅氏と佐藤新悟氏は、「Macユーザーのみなさんには長らくお待たせしてしまい、申し訳ありません」とした上で、「バージョン3.0はコードを一から書き直し、機能的にもWindows版とほぼ同等のものになっています」と語る。

 プログラムはCarbonベースからCocoaベースとなり、画面デザインも最新のMac OS Xにマッチした形に変更。会話履歴からの検索機能など、Windows版には無い機能も一部取り入れており、「競合製品と比較しても遜色の無い出来になっていると思います」と語る。

 ヤフーでは、様々なデバイスでYahoo!のサービスを利用できるようにする「Yahoo! Everywhere構想」を掲げており、Yahoo!メッセンジャーはその中でもリアルタイムコミュニケーションの分野を担う重要な製品に位置付けられるという。今回はMac版がアップデートされたが、今後は特にスマートフォンでのリアルタイムコミュニケーションが重要だと考えていると説明。米国版のYahoo! MessengerではiPhone版も公開されており、日本でも対応を進めていきたいと語った。


関連情報

(三柳 英樹)

2010/1/29 15:04

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.