記事検索

「PostPet」登場のTwitterクライアント「PostPetNow」



PostPetNow(仮称)

 ソネットエンタテインメント(So-net)は、2月2日に東京都現代美術館で開幕する「サイバーアーツジャパン−アルスエレクトロニカの30年」において、「PostPet(ポストペット)」の開発者である八谷和彦氏がTwitterクライアントをはじめとした「PostPet」関連の展示をすると発表した。

 「サイバーアーツジャパン」は、オーストリア・リンツ市で開かれている「アルスエレクトロニカ」の30周年を記念して開催される、日本のアートやテクノロジー、メディア芸術領域の特集展。会期は2月2日から3月22日まで。「PostPet」の開発者である八谷氏は、「アルスエレクトロニカ」で3回の受賞歴があり、1998年には「PostPet」でネット部門の準グランプリを受賞した。

 今回展示されるTwitterクライアント「PostPetNow(仮称)」は、八谷氏が代表を務める株式会社ペットワークスが開発した。So-netが発売した電子メールソフト「PostPetV3」をベースに、新たに開発されている。同ソフト上では、自分やフォローしたユーザーが「パペット(人形)」として登場し、「PostPet」のペットたちと暮らしていくという。また、フォローやリスト機能など、Twitter初心者にはわかりにくい機能も容易に使えるよう開発を進めているとした。

 「PostPetNow」は、5月頃のパブリックベータ版の公開を目指して、引き続き開発を進める。「サイバーアーツジャパン」では、「PostPetNow」のデモ映像やテストバージョンが展示される予定で、ソフトの開発進行に合わせて展示内容も徐々にアップデートされるという。

 このほか「サイバーアーツジャパン」では、「PostPetV3」の展示デモに加え、観客が一緒に撮影可能な「モモ兄」も登場する。


関連情報


(村松 健至)

2010/2/1 15:02

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.