記事検索

Androidアプリ「Google Goggles」、外国語の撮影翻訳に対応


撮影した画像から指定した範囲のテキストが翻訳できる

 米Googleは6日、撮影した画像から検索が行えるAndroidアプリ「Google Goggles」のバージョン1.1を公開した。Android 1.6以上に対応し、Androidマーケットから無料でダウンロードできる。

 今回発表された注目の新機能は、2月にスペイン・バルセロナで開催された「Mobile World Congress 2010」でデモが披露された、外国語翻訳機能だ。Android端末で撮影した画像に含まれるテキストが翻訳できる機能で、例えば旅行先のレストランでメニューを撮影するといった用途が考えられる。

 現在のところ、撮影したテキストから読み取れる言語は、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語の5言語に限られている。翻訳先の言語は17言語に対応しており、読み取り可能な5言語に加えて、アフリカーンス語、アルバニア語、カタラン語、デンマーク語、オランダ語、フィンランド語、ガリシア語、アイスランド語、アイルランド語、ノルウェー語、ポルトガル語、スウェーデン語のそれぞれに翻訳できる。

 現在、Googleでは、認識可能な言語を他のラテン系言語に広げる努力を行っており、最終的な目標としては、中国語やヒンズー語、アラビア語などの非ラテン系言語を認識できるようにすることだとしている。

 Google Goggles 1.1ではこのほか、認識できる絵画、商品、企業ロゴの量を増やし、バーコード認識機能も改良した。また、端末に保存されている画像からの検索も行えるようになった。


関連情報

(青木 大我 taiga@scientist.com)

2010/5/7 14:15