記事検索

「Amazon Kindle」新モデル、日本語表示対応〜139ドルの廉価版も


 米Amazon.comは28日、電子ブックリーダー「Amazon Kindle」の新モデルの予約受け付けを開始した。本体サイズを縮小し、日本語表示もサポートした。Wi-Fi接続に対応したことも特徴。新モデルから3G通信機能を省いた廉価版「Kindle Wi-Fi」も用意した。価格はAmazon Kindleが189ドル、Kindle Wi-Fiが139ドル。8月27日から出荷を開始する。

 新モデルは従来と同様にE-ink社の6インチ液晶だが、本体サイズは21%縮小し、重量は15%軽量化して8.7オンス(約247g)となった。また、ディスプレイのコントラストが50%向上し、ページをめくる速度が20%高速化した。サイズは190×123×8.5mm(縦×横×厚さ)。

 通信機能として、従来の3G接続に加え、Wi-Fiによる接続にも対応した。メモリー容量は2GBから4GBに倍増し、約3500冊分の書籍を収録可能。バッテリー駆動時間は、ワイヤレス通信機能を無効にした場合は1カ月、有効にした場合は10日。このほか、日本語や中国語、韓国語、キリル本体の表示にも対応した。本体の色は白またはグラファイトを選べる。

 「Kindle Wi-Fi」は、新モデルから3G通信機能を省略することで、139ドルに価格を抑えた。

従来モデルとの比較

関連情報

(増田 覚)

2010/7/29 16:41