記事検索

「Google Chrome 6」最新安定版公開、オートフィル機能追加や脆弱性修正

9月2日でChromeは満2歳に


Google Chrome 6

 米Googleは2日、ウェブブラウザー「Google Chrome 6」の最新安定版(バージョン6.0.472.53)を公開した。Windows、Mac、Linuxに対応しており、同社サイトより無料でダウンロードできる。

 最新版では、ユーザーインターフェイスを改良。メニューボタンを1つにまとめたほか、Omniboxと呼ばれるURLバーも簡素化。ブラウザーの色も、より目に優しい色に変えたという。

 機能面ではまず、ショッピングサイトの入力フォームなどで名前や住所の欄が自動入力となるオートフィル機能を追加。また、Googleアカウントを使ってGoogle Chromeの設定を同期する機能において、拡張機能やオートフィルの同期についても対応した。

 このほか、危険度の高いものを含む複数の脆弱性の修正が行われている。


個人設定画面 オートフィル機能の設定画面

 Googleでは今回、2008年9月に最初にリリースされたGoogle Chromeがちょうど2歳になったことを公式ブログで報告。最初のバージョンと最新バージョンの画像を並べて掲載するとともに、この間、さまざまな機能追加や処理速度の向上を図ってきたことを説明している。JavaScriptのパフォーマンスは、最初のバージョンと比較して3倍も高速化されたという。


関連情報


(永沢 茂)

2010/9/3 13:49