記事検索

危険なサイトを事前に検知する「Kaspersky Internet Security 2011」


「Kaspersky Internet Security 2011」のキャンペーンに起用された「AKB48」研究生10人
「セーフサーフ」の概要

 株式会社ジャストシステムは、セキュリティソフト「Kaspersky Internet Security 2011」を9月17日に発売する。ライセンス期間は1年間、3台のPCまでインストールが可能で、価格はパッケージ製品が7140円、ダウンロード製品が6279円。対応OSはWindows 7/Vista/XP。7日には無料の試用版ダウンロードを開始した。

 Kaspersky Internet Security 2011では、ユーザーが閲覧するウェブサイトの安全度を「信頼済み」「未知」「危険」の3段階で評価する「セーフサーフ」技術を搭載。「危険」と評価されたサイトは接続する前に遮断することで、マルウェアに感染する恐れがあるサイトや、フィッシングサイトをブロックする。

 Kaspersky製品ユーザーから、マルウェアやその配信元の情報をリアルタイムに収集する「カスペルスキーセキュリティネットワーク(KSN)」を活用することで、最新の脅威に対応できるという。KSNは、Kaspersky製品のユーザー約3億人のうち、情報を送信することに同意したユーザーで構成されている。

 また、ソフトウェアをサンドボックス上で実行できる仮想化機能を強化し、新たにデスクトップの仮想化に対応。万が一マルウェアに感染しても、OSへの影響がなくなるとしている。

 ウェブブラウザーを仮想実行スペースで実行できる「セーフブラウザー」の機能も強化し、オンラインバンキングのサイトにアクセスする際に、自動で仮想実行モードに切り替えられるようになった。国内の地銀・信金など100行以上のサイトに対応している。

 このほか新機能としては、トップレベルドメイン(TLD)に応じて国別でサイトへの接続を遮断する「ジオフィルター」、マルウェアによってシステムが改ざんされた際などに、正常時のシステムにロールバックできる「システムウォッチャー」、子供のウェブ利用を制限する「ペアレンタルコントロール」などを追加した。

 ジャストシステムでは、ウイルス対策ソフト「Kaspersky Anti-Virus 2011」も9月7日に発売する。「セーフサーフ」やパーソナルファイアウォール、スパム対策機能などが省かれ、主にウイルス対策機能を搭載する。ダウンロード製品のみで、ライセンス期間が1年間、3台まで利用可能で4400円。

 また、株式会社カスペルスキーは、個人向けKaspersky製品の直販サイト「カスペルスキーストア」を9月28日に開設する。なお、国内販売代理店として協業しているジャストシステムは引き続き、全国の家電量販店やECサイト「Just MyShop」でKaspersky製品を販売する。

 カスペルスキーストアとJust MyShopにおける製品の価格は同一だが、製品サポートに関しては、ジャストシステムおよびカスペルスキーがそれぞれ窓口を用意する。カスペルスキーの川合林太郎社長は「我々は販売に注力するのではなく、あくまでメーカー」と強調するが、直販サイトを通じてKasperskyブランドの認知拡大を図りたい考え。

 なお、カスペルスキーでは、Kaspersky Internet Security 2011の発売にあたって、アイドルグループの「AKB48」を起用したキャンペーンを展開すると発表。AKBの研究生10人が「AKB48カスペルスキー研究所」の一員として、テレビCMなどのキャンペーンに登場する。製品発売日の9月28日には、AKB48の選抜メンバーが研究所所長に就任するという。

カスペルスキーの川合林太郎社長とAKB48の研究生 AKB48のプロデューサーを務める秋元康氏からのビデオメッセージも届いた

関連情報

(増田 覚)

2010/9/7 18:53