記事検索

「Google Chrome」におけるH.264サポート終了へ


 米Googleは11日、ウェブブラウザー「Google Chrome」におけるH.264コーデックのサポートを打ち切る方針を、オープンソースブラウザープロジェクト「Chromium」の公式ブログで明らかにした。

 Google ChromeのHTML5 videoタグでサポートするコーデックは、Chromiumプロジェクトですでにサポートしているオープン技術に統一する。具体的にはWebM(VP8)とOgg Theoraとなり、将来的には他の高品質でオープンなコーデックの追加も検討するという。

 サポート終了は今後数カ月以内に行う予定だが、コンテンツ事業者や開発者が必要な対応をとれるよう事前に発表したかたちだ。

 同ブログでも「H.264は動画で重要な役割を担っている」と認めている一方で、H.264には特許技術が含まれている。これに対して、ウェブ技術のイノベーションのためにはオープンな規格が必要であるとするGoogleは、2009年に買収したOn2 Technologiesの動画コーデックであるVP8をベースとして、ロイヤリティフリーの動画フォーマットとしてWebMを2010年5月に発表し、普及を目指している。


関連情報


(永沢 茂)

2011/1/12 14:34