記事検索

浮川夫妻の新会社MetaMoJi、iPad用の手書きノートアプリ「7notes」発表


 株式会社MetaMoJiは2月3日、手書き入力機能を搭載したiPad用のデジタルノート アプリ「7notes(セブンノーツ)」をApp Storeで販売開始した。通常価格1500円のところ、2月末までは発売記念のキャンペーンとして、特別価格900円で販売する。

iPadを見て「これならやれる」

株式会社MetaMoJi代表取締役社長 浮川和宣氏

 発表会で浮川和宣社長は「これまではパソコンのプラットフォームで、キーボードを使っていかに便利に日本語を入力するかというテーマでかな漢字変換ソフトウェアの開発に携わってきたが、現在は従来のイメージのパーソナルコンピュータだけでなく、スマートフォンも生活の中で肌身離さずという環境になっている。そうした中で昨年iPadが発売され、iPadを見て、“これならやれる”と感じた。やろうと即決した」とiPad発売が「7notes」開発のきっかけになったことを明らかにした。

 また浮川初子専務は、「MetaMoJiは、人とコンピュータの溝を埋めていくようなものを作りたいと思って創業した。ハードウェアが持って歩けるのに、ソフトの進化が追いついていない。もっとソフトが進化しなければ」とコメント。「今回はその第一歩ということで、紙とノートでやっていた部分を担えるようにしたい」と抱負を述べた。

「7notes」のコンセプト 発表会で仲良くプレゼンする浮川初子専務(左)と浮川和宣社長(右)

漢字が苦手な現代人のために「交ぜ書き変換入力」

 MetaMoJiは今回、手書き入力方式「mazec(マゼック)」を新たに開発。「mazec」では、キーボードでのかな漢字入力に慣れた結果、漢字を書くことが苦手な人が増えていることをふまえた手書き変換処理機能を搭載。ストレスの少ない日本語入力を実現したとしている。手書き認識技術は、仏VisionObjects社の認識技術を採用した。

 「mazec」では手書きの文字をそのまま入力する「書き流し入力」と、画数が多い漢字や思い出せない漢字をひらがなで書くことで素早い入力ができる「交ぜ書き変換入力」の2つの機能を持つ。具体的には、「会議」と入力する場合、「会議」「かいぎ」「会ぎ」「かい議」のどの手書き入力でも、「会議」と変換することができる。また、学習機能も搭載。使い込むことにより、ユーザーの書き癖に合わせたより効率の良い変換が可能になる。

 「7notes」では「mazec」を搭載し、変換されたフォントの文字と手書き文字の2種類のデータをシームレスに扱うことが可能で、文字単位での装飾、コピー・ペーストなどの文書編集機能を持つ。

 扱える文書のファイルサイズは「7notes」アプリがかなりメモリを必要とするために、現在のiPadではメモリ容量に依存し、1MB程度まで、手書き文字なら1000〜2000文字程度が目安となる。今後のiPadで搭載メモリ容量が増えた場合には、もっと大きなサイズまで扱えるようになるという。また、手書きの文字をそのまま入力する「書き流し入力」を後から文字認識させる機能には現在のところ対応していない。

「7notes」をはじめて起動した画面。使い方ガイドの文書が表示される 手書き文字と、文字認識したフォント文字のテキスト部分が混在可能
文書の新規作成時には、カラム数を選択する 編集部で入力してみた画面。かなり適当に書いても認識できる。認識のための文字のマス目がないのでスピーディに入力可能

クラウドに文書を保存、2GBまで無料

 また「7notes」では、文書をクラウドに保管するクラウドサービスを合わせて提供。MetaMoJiではクラウド上のオンラインストレージ「デジタルキャビネット」を用意。iPadがネットワークに接続している時は文書を自動的に「デジタルキャビネット」と同期し、データの保管を行う。文書はローカルに保存してからサーバーと同期する仕組みだ。

 「デジタルキャビネット」への保存は2GBまで無料で、2GBを超える場合には、有料のプレミアムコースを5月より提供開始する。プレミアムコースは容量最大10GBで、料金は月500円または年4900円から支払い方法を選択できる。

 なお、「7notes」はWebアプリケーションのようにネットワーク接続が利用の前提となるが、ネットワークに接続できない環境でも、「オフラインモード」で文書の新規作成や編集などの機能については利用可能となる。

 7notesの文書フォーマットはHTML5ベース。文書編集・管理機能では、ユニット単位での管理が基本となっている点が特徴。複数のユニットを含む文書では、ユニットごとに入れ替えたり他に流用したりできる。また、フォルダではなくタグ付けで管理する点も特徴で、ひとつの文書に複数のタグ付けが可能となる。

「7notes」の構成 「7notes」の特徴

新会社「株式会社7knowledge」設立

 株式会社MetaMoJiでは、「7notes」の販売に先立ち、タブレット端末・スマートフォン向けのクラウド・アプリサービス販売を専門に扱う100%子会社「株式会社7knowledge(セブンナレッジ)」を設立。日本国内のiPad向け「7notes」の提供からスタートし、年内を目途に海外市場向け製品やアンドロイド端末向けアプリなどを順次提供する予定だ。

 MetaMoJiは、「7notes」提供開始にあたり、最新情報をタイムリーに提供するTwitter ID「@7knowledge」を開始。また、ハッシュタグ「#7notes」を用意、ユーザーにも「7notes」に関してつぶやいてほしいと呼びかけている。


関連情報

(工藤 ひろえ)

2011/2/3 17:09