記事検索

Windows 7/Server 2008 R2のSP1が完成、2月17日から順次公開


 日本マイクロソフト株式会社は10日、Windows 7およびWindows Server 2008のService Pack 1(SP1)日本語版を、日本時間の2月17日から順次提供すると発表した。2月17日にMSDNやTechNet向けに提供を開始し、一般向けには2月23日にWindows Updateとダウンロードセンターで提供を開始する。

 Windows 7 SP1は、Windows 7が出荷されてからこれまでにWindows Updateを通じて提供された更新プログラムをまとめて適用するパッケージとなり、サーバー側の新機能への対応を除いて新たな機能は提供されない。

 Windows Server 2008 R2 SP1には、仮想環境向けの「RemoteFX」「Dynamic Memory」の2つの新機能を搭載。RemoteFXでは、サーバーに搭載されたGPUを仮想化して複数の仮想マシンに割り当てることで、Windows 7のAeroやDirectXアプリケーションなど、高度なグラフィックス機能が仮想デスクトップ上でも利用できる。Dynamic Memoryは、仮想マシンのメモリー要求に合わせてメモリーを動的に割り当てることが可能となる。Windows 7 SP1にも、これらの機能に対応するクライアント側の機能が提供される。

 Windows 7 SP1およびWindows Server 2008 R2 SP1の日本語版は、2月17日からボリュームライセンス、MSDN、TechNet向けにダウンロード提供を開始。一般向けには2月23日から、Windows Updateおよびダウンロードセンターでダウンロード提供を開始する。

 また、Windows Server 7 SP1については、DVDメディアによる提供も行う。受け付けは2月23日開始予定で、3月14日以降に発送の予定。価格は1050円。


関連情報

(三柳 英樹)

2011/2/10 11:49