記事検索

アップル、次期OS「Mac OS X Lion」の開発者向けプレビューを公開


 アップルは24日、2011年夏に発売予定の次期OS「Mac OS X Lion」のデベロッパプレビュー(開発者向けプレビュー)を公開した。デベロッパプレビューは開発者向けのMacデベロッパプログラムのメンバーに、Mac App Storeを通じて提供される。

 Mac OS Xの8番目のメジャーリリースとなる「Mac OS X Lion」では、iPadで使われているユーザーインターフェイスのアイデアをMacに還流。Mac向けのアプリケーションストア「Mac App Store」にも対応する。

 新たに導入されるユーザーインターフェイス「Launchpad」は、Dock上のLaunchpadアイコンをクリックすると現在表示しているウィンドウが消え、iPadのホーム画面のようにMac内のアプリケーションが並んで表示される。iPadのようにアプリケーションをフルスクリーンで表示する利用法にも対応し、他のウィンドウやデスクトップ表示への切り替えはトラックパッドのスワイプ操作で行うことができる。

 新機能の「Mission Control」は、Macで動作中のアプリケーションとウィンドウを一目で見渡すことが可能となる。開いているウィンドウがアプリケーションごとにグループ分けされて表示されるほか、フルスクリーンアプリケーションのサムネイル、Dashboard、Spacesなどがまとめて表示される。

 このほか、Mac OS X Lionでは、関連するメッセージを自動的にグループ化してタイムライン表示する「会話」機能を備えた新バージョンの「Mail」や、Mac間でワイヤレスによりファイルをコピーする「AirDrop」機能、作成した書類のバージョンを自動的に保存する「バージョン」機能、アプリケーションを最後に使った時の状態に完全に戻すことが可能な「再開」機能などの新機能を備える。


関連情報

(三柳 英樹)

2011/2/25 12:24