記事検索
最新ニュース

便座のふたを閉めると省エネ効果は何%? 経産省が節電の特設ページ


「節電ウェブページ」の掲載イメージ

 経済産業省は1日、福島第一原子力発電所の事故にともなって東京電力管内で計画停電が実施されている状況を受け、節電を呼びかける特設ウェブページを公開した。エアコンや温水洗浄便座などで消費電力を効率的に減らすための設定例、節電啓発CMなどを掲載している。

 特設ページでは「6畳用エアコンの設定温度を1度調節するごとに○○%の消費電力を削減できる」「冷蔵庫いっぱいにものを詰め込んだときにくらべ、1/2程度収納した直後の消費電力は○○%の削減」など、数値を用いたクイズ形式で節電例を紹介。PCや衣類乾燥機についても同様の解説を掲載している。

 なお、春季における電力需要のピークは8〜11時および18〜21時で、この時間の節電がもっとも効果的としている。経済産業省では、電力需要の増大が見込まれる夏にむけ、さらなる省エネを訴えていく予定。特設ページのコンテンツも、今後さらに充実させる。


関連情報


(森田 秀一)

2011/4/1 18:30