記事検索

ソフトバンク孫正義氏、100億円の寄付先が決まる


 ソフトバンク株式会社は16日、東日本大震災の義援金として、同社代表取締役社長の孫正義氏が個人として寄付した100億円の寄付先が決定したと発表した。

 日本赤十字社、中央共同募金会、岩手県、宮城県、福島県にそれぞれ10億円、日本ユニセフ協会などに6億円、茨城県と千葉県に2億円ずつ寄付する。

 また、6月上旬に公益法人として設立の準備を進めている「東日本大震災復興支援財団(仮称)」に40億円を寄付し、遺児や孤児の支援、被災地のNPO活動支援、中長期の被災地支援活動に役立てる。なお、同財団の準備委員会としては寺島実郎氏、小宮山宏氏、村井純氏、中村伊知哉氏の招聘を予定している。

 このほか孫氏は、2011年度から引退するまでのソフトバンクグループ代表としての報酬全額を遺児の支援に役立てていくという。


関連情報


(増田 覚)

2011/5/16 19:42