記事検索

「アメーバ」に不正アクセス、約5万件のIDが退会状態に


 株式会社サイバーエージェントは26日、同社が運営するサービス「アメーバ(Ameba)」に不正アクセスがあり、約5万件のIDが退会状態になるという被害があったと発表した。現在は、トラブル発生前の状態に復旧しているという。

 不正アクセスは12月24日午後9時30分ごろにあり、アメーバに登録している会員のうち約5万件のIDが退会状態となり、ブログへの記事投稿や「アメーバピグ」などのサービスが利用できなくなったという。サイバーエージェントは、この事実を12月25日午前0時に把握した後、データ復旧に着手し、12月26日午前8時までに全データをトラブル発生前の状態に復旧した。

 サイバーエージェントの広報室に確認したところ、不正アクセスによる被害はユーザーが退会状態となったのみで、ユーザーのパスワードなどが不正に使用されたものではないという。また、ユーザーデータの漏洩やアメーバのサービス上のデータ損失、仮想通貨「アメゴールド」の不正使用などの被害は発生していないとしている。退会処理を行うウェブページなどに脆弱性が存在し、これが悪用された可能性については「現在調査中」としており、被害については渋谷警察署に被害状況の報告および関連資料を提出し、早急な原因追求に努めるとしている。


関連情報


(三柳 英樹)

2011/12/26 15:00