記事検索

SNSを転職活動に利用する人は1割以下、インテリジェンス調べ


 株式会社インテリジェンスが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」は28日、転職活動におけるSNSの活用状況に関する調査結果を公表した。調査は2011年10月22日から23日まで、インターネット経由で1000人から有効回答を集めたもの。

 それによれば、転職活動でSNSを利用している人の割合は全体の9.8%。これに対して、大学生の就職活動におけるSNS利用率は47.3%。転職活動におけるSNSの利用は、就職活動に比べて積極的でないことがわかったとしている。

 SNS別の利用率では「mixi」が6.3%と最多(就職活動では18.7%)、次いで「Facebook」の4.7%(同31.7%)、「Twitter」の4.3%(同34.3%)の順となった。ビジネスに特化したSNSで、2011年10月に日本語化した「LinkedIn」は1.9%(同0%)にとどまった。

 「転職活動を行っていることを周囲に知られたくない人にとっては、実名を出さなくてもよいmixiが利用しやすいと推測される。」(インテリジェンス)

 SNSを転職活動に利用する理由としては、すべてのSNSで「人脈を築く」が最も多く、「企業や求人の情報収集」が続いた。3番目に多い目的はSNSによって異なり、mixiは「転職ノウハウを知る」、TwitterとLinkedInは「他の転職者の動向を知る」、Facebookは「転職ノウハウを知る」と「他の転職者の動向を知る」が同率だった。


関連情報

(増田 覚)

2012/2/29 06:00