記事検索

「GREE」が未成年者の利用額制限、15歳以下は月間5000円、19歳以下は1万円


未成年ユーザーのアイテム購入時における注意表示(デザインは開発中のもの)

 グリー株式会社は16日、SNS「GREE」において、未成年ユーザーを対象とした利用金額制限などを含むユーザー保護施策を導入・実施すると発表した。

 まずは利用金額制限を4月1日より導入し、未成年ユーザーのGREEでのお金の使いすぎを防ぐ。15歳以下は月間5000円まで、16〜19歳は月間1万円までとなる。この金額は、ゲーム内アイテムなどを購入する際に必要なGREE内仮想通貨であるコインを、キャリア決済で購入する分を対象としたもの。友達を紹介することなどでもらえるコインは制限を受けないほか、プリペイドカードなど他の決済による分も含まれない。

 あわせて、未成年ユーザーがゲーム内アイテムを購入する際に、有料であることなどを強調して表示することで注意を促す措置を、今後、可能な限り速やに実施する。「GREE Platform」でゲームを提供しているデベロッパーにも、同様の施策を求めていく。

 また、コインの購入が毎月一定額に達した時点でメールなどで通知するサービスも、可能な限り速やかに希望者に対して提供するとしている。

 グリーによると、GREEが設ける15歳以下のユーザーへの利用金額制限は、キャリア側がそれぞれ自社のキャリア決済サービスで用意している制限よりも低く設定したという。月間5000円という額は、中学生のお小遣いの状況を踏まえながら最大額を設定したとしている。


関連情報


(永沢 茂)

2012/3/16 20:06