記事検索

情報通信研究機構、サイバー攻撃の観測情報を公開するサイト「nicterWeb」


 独立行政法人情報通信研究機構(NICT)は3月30日、サイバー攻撃の観測情報を公開するウェブサイト「nicterWeb」の提供を開始した。サイバー攻撃の観測・分析・対策を行うインシデント分析センター(Network Incident analysis Center for Tactical Emergency Response:nicter)が観測した情報の一部を広く公開する。

nicterWeb

 nicterは、情報セキュリティ上の脅威を広域で迅速に把握し、有効な対策を導くための複合的なシステムとしてNICTで研究・開発しているもの。NICTによると、サイバー攻撃の観測やマルウェアの収集などによって得られた情報を相関分析して原因を究明する機能があり、サイバー攻撃やマルウェア感染の大局的な傾向をリアルタイムにとらえることができるという。

 nicterWebでは、nicterの大規模ダークネット観測網で収集している情報(ダークネットトラフィック)の一部を逐次公開する。ダークネットトラフィックを可視化した結果をリアルタイムに表示するほか、1週間分のダークネットトラフィックの統計情報も公開する。

 nicterWebで情報を公開することで、情報セキュリティ関連組織や企業・大学の情報セキュリティ管理部門などとの情報共有を促進するとともに、一般ユーザーにもサイバー攻撃の状況を伝えていくとしている。


関連情報

(永沢 茂)

2012/4/2 12:00