記事検索

Mac向けJavaがアップデート、既に悪用が確認されている脆弱性を修正


 米Appleは3日、Mac向けJavaのアップデート「Java for OS X Lion 2012-001」「Java for Mac OS X 10.6 Update 7」を公開した。

 アップデートを行うことで、Java SE 6が最新版の「Java SE 6 Update 31」となり、以前のバージョンに存在した複数の脆弱性が修正される。Mac版以外のJavaについては、Oracleが2月14日にアップデートを公開している。

 Mac向けのJavaについては、マルウェア「Flashback」の亜種が今回修正された脆弱性を悪用していることが、F-Secureなどのベンダーによって報告されている。Mac版のJavaは、Oracleのアップデート公開後、やや遅れてAppleがアップデートを公開するのが通例となっており、その時間差を狙われた形となった。


関連情報


(三柳 英樹)

2012/4/4 13:23