記事検索

総務省がNTT-BPとコネクトフリーに行政指導、公衆無線LANで通信の秘密を侵害


 総務省は4日、公衆無線LANサービスを提供しているNTTブロードバンドプラットフォーム株式会社(NTT-BP)とコネクトフリー株式会社に対して、電気通信事業法第4条に規定する「通信の秘密」を侵害する事案があったとして、再発防止を求める行政指導を行った。

 問題となった事案は、NTT-BPでは、大手コンビニエンスストアなどにおける公衆無線LANサービスの提供に伴い、特定のサイトへの接続を正当な理由なく、利用者に無断で遮断していた行為。コネクトフリーでは、公衆無線LANサービスの提供に伴い、利用者に無断でその端末のMACアドレスや特定のSNSサービスに接続する通信に関する情報を記録・保存していた行為。

 総務省では、これらの行為はいずれも電気通信事業法第4条に規定する「通信の秘密」を侵害したものと認められるとして、両社に対して再発防止策の取りまとめと実施状況を報告するよう指導した。


関連情報


(三柳 英樹)

2012/4/4 19:13