記事検索

偽セキュリティソフトの被害が増加傾向、IPAが注意喚起


 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は4日、2012年3月のコンピューターウイルス・不正アクセスの届出状況を公表した。

 3月にIPAに寄せられたウイルスの検出数は1万5841個で、前月比0.2%増。届出件数は866件で、前月比4.0%増となった。

 3月にIPAに寄せられた相談件数は772件で、そのうちワンクリック請求に関する相談が130件、偽セキュリティソフトに関する相談が44件あった。

 偽セキュリティソフトに関する相談は、1月が18件、2月が24件、3月が44件と増加傾向にある。IPAでは相談事例から、偽セキュリティソフトの被害に遭ったきっかけとしては、アプリケーションの脆弱性が悪用された可能性が非常に高いと説明。Windows Updateだけでなく、PCにインストールしているソフトを最新版にアップデートすることが必要だとして、ソフトが最新版かどうかを確認できる無料ツール「MyJVNバージョンチェッカ」の利用を呼びかけている。


関連情報


(三柳 英樹)

2012/4/5 12:19