記事検索

FUSION、好きなスマホSIPアプリから050 IP電話を利用できるサービス


 フュージョン・コミュニケーションズ株式会社は15日、同社のIP電話サービス「FUSION IP-Phone」を、任意のスマートフォン通話アプリから利用できる「FUSION IP-Phone SMART」のベータ版サービスを提供開始した。

 月額基本料なしで、050番号のIP電話をスマートフォンから利用できる。通話料は、一般の固定・携帯電話宛が全国一律30秒8.4円。FUSION IP-Phone SMARTユーザー同士であれば、通話料もかからない(いずれもデータ通信サービスのパケット通信料は別途必要)。

 SIP準拠の通話アプリであれば、アプリストアから好きなアプリをダウンロードし、それにフュージョンの発行する情報を設定することで使えるようになるのが特徴。例えば、株式会社ageetの「AGEphone」、日本エヴィクサー株式会社の「Chiffon」などがあるという。

 フュージョンでは、企業や個人でSIP対応アプリを開発すれば、FUSION IP-Phone SMARTを活用した新たなサービスの提供も可能になるほか、FUSION IP-Phone SMARTを介することで異なるアプリ同士で通話連携させることも可能になると説明している。

 ベータ版サービス期間中は、通話品質などの調査・評価を行いながら、正式サービス開始を目指す。なお、ベータ版サービスの登録者には、登録日から5日間の通話料1008円分(最大1時間相当分)を無料とする。


関連情報

(永沢 茂)

2012/5/16 06:00