記事検索

Windows 8 Proへ39.99ドルでアップグレード、7/Vista/XP全エディション対象


 米Microsoftは2日、Windows 8 Proへのアップグレードキャンペーン価格を39.99ドルと発表した。

 同社公式ブログの発表によると、キャンペーン期間中はWindows 7/Vista/XPの利用者なら誰でも、利用しているエディションにかかわらず、Windows 8 Proにアップグレードする資格が得られる。価格は、ダウンロード販売によるアップグレードが39.99ドル、パッケージDVD版が69.99ドル。キャンペーン期間は2013年1月31日までとなっている。

 ダウンロード購入後には自分でブータブルUSBまたはISOファイルによりバックアップDVDを作成するか、15ドルでバックアップ用DVDを送付してもらうことが可能だ。

 より一般的な価格体系については、Windows 8の発売が近づき次第発表するとしている。

 ダウンロード購入によってアップグレードする際は、アップグレードアシスタントプログラムによってアプリケーションやデバイスの互換性に関する問題がチェックされる。また、ダウンロードマネジャーによって途中でダウンロードを一時停止・再開したり、ダウンロードの完了を確認するなど、簡単にアップグレードできるように工夫されているという。

 アップグレードで移行できる内容は、使用しているWindowsのバージョンによって異なる。

 Windows 7からは、Windows設定、アプリケーション、個人が作成したファイルなどほぼすべてを移行できる。VistaからはWindows設定と個人が作成したファイルのみ、XPからは個人が作成したファイルのみを移行できるとしている。


関連情報


(青木 大我 taiga@scientist.com)

2012/7/3 11:21