記事検索

ソーシャルメディア上で影響力を持つユーザーを検索できる「Social-SIS」


 株式会社オプトは、ソーシャルメディア上で影響力を持つユーザーを集めたインフルエンサー・データベース「Social-SIS」を開発し、7月1日より提供を開始した。

 国内のTwitterアカウント約1400万アカウントから影響力を持つインフルエンサー10万人をデータベース化し、独自のアルゴリズムでジャンルや特定キーワードにあったインフルエンサーを検索できるという。

 具体的には「キーワード検索」「24のカテゴリ評価別検索」「影響力スコア別検索」「フォロワー属性検索」による検索・抽出が可能。抽出したインフルエンサーのスキル評価や得意カテゴリに加えて、そのフォロワーがどのようなカテゴリに感度が高いのかまで把握できるという。これにより、ターゲットを確実に絞ったソーシャルメディア上でのマーケティング活動が可能になるとしている。

 例として、オーガニック化粧品会社Aが新商品情報をユーザーに発信したい時、Social-SISを利用することで、数ある化粧品会社の中でも特にA社商品に親和性の高いインフルエンサーを114件まで絞って抽出できるという。このインフルエンサーをマーケティング活動に生かすことで企業のプロモーションの可能性は格段に広がるとのこと。

 価格は、検索可能カテゴリの数に応じて変動。1カテゴリの「シングルプラン」が月額5万円(税別)、12カテゴリの「ハーフプラン」が月額30万円(同)、24カテゴリの「オールインワンプラン」が月額50万円(同)。


関連情報

(川島 弘之)

2012/7/6 14:30