記事検索

フリービット、Android端末をIPv6対応させるブラウザー「ServersMan Web」


ServersMan Web起動画面

 フリービット株式会社は25日、インストールするだけでIPv6サイトの閲覧が可能になるAndroid向けウェブブラウザー「ServersMan Web」を公開した。Google Playから無料でダウンロードできる。利用にはFacebookアカウントが必要。

 ServersMan Webは、IPv4ネットワーク上に仮想IPv6ネットワークを構築するEmotionLink ActiveNodeテクノロジーを利用し、インストールするとブラウザー自体にIPv6アドレスが割り当てられ、IPv6サイトが閲覧できるブラウザー。

 WebKitをベースにブラウザーエンジンを独自開発し、IPv4とIPv6のハイブリッドルーティングを可能にしており、どちらのプロトコルでアクセスしているかを画面表示や振動(オプション設定)によって確認できる。

 現時点では数が少ないIPv6対応サイトの情報を共有するための、ソーシャルブックマーク機能も搭載。アドレスバーの右側にある星型のマークをタップするとブックマークでき、ブックマークしたサイトは他のユーザーのブックマークとともにトップページに表示される。

 また、IPv6での接続はグローバルアドレスを用いた通信となるため、セキュリティ面での対策として、4段階でレベルを設定できるネットワークフィルタリング機能も備えている。

 フリービットでは、ServersMan Webは単なるウェブブラウザーではなく、IPv6を利用するための総合的な環境となっており、順次これらの環境をユーザーに開放していく予定としている。

IPv6ページ表示画面 ソーシャルブックマーク表示画面 ネットワークフィルター設定画面

関連情報

(三柳 英樹)

2012/7/25 14:00