ニュース

パナソニック、スマホからUstream中継もできるウェアラブルカメラ「HX-A100」

 パナソニックは、ハンズフリーで撮影でき、Wi-Fi接続によりスマートフォンを使ってライブ配信も可能なウェアラブルカメラ「HX-A100」を5月1日に発売する。店頭予想価格は3万円前後。カラーはブラックとオレンジの2色。

HX-A100-K(ブラック)
HX-A100-D(オレンジ)

 HX-A100は、カメラ部と本体が別になった二体型デザインを採用。カメラ部は約30gの軽量設計で、付属のイヤーフックにより手でカメラを持つことなく、撮影者の目線から撮影できる。別売のマルチマウントによりヘルメットやゴーグルなどに装着して使うことや、カメラ部を手に持って低いアングルや狭い場所での撮影なども可能。JIS防水保護等級IP58の規格に適合し、水深1.5mで30分までの撮影が可能な防水と、防塵設計を備えており、アウトドアでの撮影にも対応する。

利用イメージ

 記録方式はMPEG-4 AVC/H.264のMP4で、通常撮影モードでは最大1920×1080/60p、28Mbps(VBR)の撮影に対応。スローモーションモードでは1280×720で1秒120コマ、848×480で1秒240コマの撮影も可能。記録メディアはmicroSDHCカード(最大32GB)またはmicroSDカード(最大2GB)。

 撮影した映像は記録メディアへの保存のほか、無線LAN(IEEE 802.11b/g/n準拠)によるスマートフォンとの連携にも対応。スマートフォンに専用アプリ「Panasonic Image App」をインストールすることで、Ustreamを使ったライブ配信や、SNSへのアップロードなどが可能。中継中の動画を記録メディアに保存することもできる。アプリの対応OSはAndroid 2.2〜4.2、iOS 4.3〜6.1。

 F2.5の明るいレンズを採用し、自動で水平を補正する傾き補正やブレ補正機能を搭載する。画角は約160度(ワイドモード)/約117度(スタンダートモード・ブレ補正オフ)/約104度(スタンダードモード・ブレ補正オン)。最短撮像距離は約30cm。内蔵バッテリーによる最長撮影可能時間は約140分。サイズはカメラ部が26×26.5×66mm、本体部が59.5×94×25mm。重量はカメラ部が約30g、本体部が約117g。

(三柳 英樹)