ニュース

Windows版「PSO2」アップデートでHDDデータ消去の不具合、セガが対応を発表

 株式会社セガは5日、Windows用オンラインゲーム「ファンタシースターオンライン2(PSO2)」で9月4日に配信したアップデートにより、HDD内のデータが削除される不具合が発生したとして、謝罪と現時点での対応を発表した。

 セガによると、9月4日にPSO2のアップデートデータを配信した後、ユーザーからPSO2関連ではないHDD内のデータが削除されたという報告があり、調査の結果、アップデートしたプログラムの一部不具合により、HDD内のデータを削除してしまう場合があることが判明した。

 症状が発生している可能性があるのは、9月4日11時〜14時40分までの間にアップデートデータのダウンロードを開始したユーザー。現在は不具合については修正しており、正常にアップデートが行える状態になっているという。

 セガでは、今回の事態について謝罪するとともに、不具合が発生したユーザーへの対応を発表。不具合の症状が発生したユーザーに対しては、お詫びとして5000円相当の金券または10000AC(ゲーム内有料ポイント)を送付。また、データの削除により現在も困っているユーザーに対しては、個別に連絡する。これらの対応のため、近日中に不具合が発生したユーザーのための専用投稿フォームをするとしている。

 また、全ユーザーに対しても、PSO2内においてお詫びの対応をする予定で、こちらについては後日発表予定としている。

(三柳 英樹)