ニュース

Z会が高校生を調査、1年生ではLINE利用率72.4%、Twitterは13.7%

 株式会社Z会は12日、高校生におけるSNSなどの利用率に関しての調査結果を発表した。全国の高校生4657人(1年生2460人、2年生1031人、3年生1166人)を対象に、4月20日から7月21日までインターネットと調査票により選択式で調査したもの。

 利用しているSNS(複数回答)で最も多かったのは「LINE」で67.2%に上り、2位「Twitter」の23.2%を大きく上回った。以下、「Facebook」が13.9%、「Google+」が9.0%、「mixi」が3.9%、その他のSNSが6.1%だった。SNSは利用しないの回答も16.4%あった。

利用しているSNS

 学年別に見ると、LINEは1年生の利用率が最も高く72.4%に上り、2年生は66.1%、3年生は57.3%と、低学年の方が高い傾向にある。Google+も同様の傾向だ。

 一方、Twitterは1年生の利用率が低く、13.7%にとどまる。これに対して2年生は34.8%、3年生は33.13%。

 Facebookの利用率も、1年生が9.6%と最も低い。これに対して2年生は16.0%、3年生は21.2%というように、高学年ほど高くなっている。mixiや、SNSは利用しないとした高校生も同様の傾向が出ている。

1年生 2年生 3年生 全体
LINE 72.4% 66.1% 57.3% 67.2%
Twitter 13.7% 34.8% 33.1% 23.2%
Facebook 9.6% 16.0% 21.2% 13.9%
Google+ 11.3% 7.7% 5.4% 9.0%
mixi 2.4% 4.7% 6.6% 3.9%
その他SNS 7.2% 5.3% 4.7% 6.1%
SNSは利用しない 13.9% 17.8% 20.5% 16.4%

 スマートフォンの所有率は67.5%だった(「スマートフォンを持っている」67.4%と「スマートフォンと、スマートフォンではない携帯電話を持っている」2.1%の合計)。 学年別に見ると、1年生が最も高く75.0%で、2年生では66.7%、3年生では60.1%。

 一方、「スマートフォンではない携帯電話を持っている」との回答は全体で25.5%あるが、1年生で20.7%と最も低く、2年生では27.4%、3年生では34.1%だった。なお、どちらも「持っていない」と回答したのは全体の5.0%。

 このほか、自分専用のタブレットを所有している高校生は9.2%、自分専用のパソコンを所有している高校生は14.7%だった。

(永沢 茂)