ニュース

スマホ保有率は55.2%で半数超え、男性50.1%、女性58.9%〜博報堂DY調査

 株式会社博報堂DYホールディングスは20日、「全国スマートフォンユーザー1000人定期調査」の第8回結果を発表した。

 調査は、全国の高校生〜69歳の7852人を対象に、2013年11月29日〜12月1日にインターネットアンケートで実施したもの。これによると、スマートフォンの保有率は、2013年8月の前回調査から7.0ポイント上昇して55.2%となり、半数を超えた。

 男女別に見ると、男性は50.1%とほぼ半数だが、女性は58.9%と6割近くに達した。若い年代ほど保有率が高く、15〜19歳では87.3%に上る。20〜29歳でも82.0%で8割を超えている。地域別では、四国以外はいずれも50%台半ばだが、四国は48.9%だった(なお、前回調査では四国は50.0%)。

 スマートフォン保有者1000人を抽出して行った調査では、スマートフォンでのネットショッピング利用経験者が65.2%に上った。年代が低くなるほど利用経験者の割合は高くなっており、15〜19歳では80.3%と8割を超えている。

 また、ネットショッピング利用経験者のうち、利用頻度がほぼ毎日とした人が19.6%、週に1日以上が4.6%いた。合計すると24.2%になり、スマートフォンでのネットショッピング利用経験者のうち4人に1人が週に1日以上利用していることが分かった。

(永沢 茂)