ニュース

MS、新規PC購入者にWindows XPからWindows 8.1への無償移行サポートを提供

 日本マイクロソフト株式会社は3日、Windows XPからWindows 8.1およびOffice 2013を搭載するPCに買い替えたユーザーを対象に、データ移行方法や初期設定に関するサポートを無償で提供する「Office搭載パソコン乗り換えサポート窓口」を開設した。

サポート窓口の特設サイト

 「Office搭載パソコン乗り換えサポート窓口」は、4月9日にサポート終了となるWindows XPおよびOffice 2003から、最新PCへの移行を促進する取り組み。Windows XPからWindows 8.1への環境およびデータ移行方法や、Office 2013の初期設定およびデータ移行方法などに関するサポートを、専用ウェブサイトおよび専用電話窓口で提供する。

 対象となるのは、3月3日〜5月18日の期間にWindows 8.1およびOffice 2013搭載PCを購入し(Office 2013のプロダクトキーが必要)、現在Windows XPを利用しているユーザー。サポート提供期間は3月3日〜5月31日の9時30分〜18時00分。

日本マイクロソフトの宗像淳氏

 日本マイクロソフト執行役でコンシューマー&パートナーグループ オフィスプレインストール事業統括本部長の宗像淳氏は、Windows XPのサポート終了を控えて、買い替え需要が増加しており、Windows XPからの移行は加速していると説明。一方で、新しいPCへの乗り換えには不安を感じているユーザーも多いことから、安心して乗り換えてもらうためのサポート窓口を開設するとした。

 サポート窓口では、「不安な点や分からない点をとことんサポート。何度でも分かるまで無償で対応する」として、「困った時にはいつでもお電話をしていただきたい」とアピール。また、サポート終了に向けてはユーザーの不安の解消だけでなく、新しいPCにすることのメリットも訴求していきたいとした。

(三柳 英樹)