ニュース

“マジコン”中国からネット通販の男性逮捕、昨年だけで6300人に販売

 千葉県警サイバー犯罪対策課などが16日、インターネット販売サイトを通じて“マジコン”を販売した国外在住の会社員の男性(43歳)を、不正競争防止法違反(技術的制限手段回避装置提供行為)の疑いで逮捕した。一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)が20日、任天堂株式会社からの報告として発表した。

 この男性は2013年6〜9月、新潟県の男性など3人に、マジコンを中国から発送して有償販売したという。警察によると、男性は5月16日に帰国した際に成田空港で逮捕された。また、同サイトでは2013年だけで約6300人がマジコンを購入しており、2300万円の売上があったとみられるとしている。

(永沢 茂)