ニュース

マンガ作成ソフト「コミPo!」、アニメGIF出力やOfficeとの連携に対応

 コミPo!製作委員会は15日、マンガ作成ソフト「コミPo!」のVer.2.60を公開した。新バージョンでは、マンガをアニメGIFとして出力する「動画出力機能」や、Microsoft Officeとの連携機能などを搭載した。

 動画出力機能は、編集画面に配置したコマを数秒ごとに切り替えて表示するアニメGIFを自動生成することが可能。コミPo!の「マンガでツイート」機能から、直接Twitterに投稿することもできる。Twitter上ではMP4形式に変換された形で公開される。

 出力フォーマットはAVIにも対応。毎秒2〜15フレームまで対応しているため、簡単な動きのショートアニメも作成できる。

4秒ごとに画像が切り替わる紙芝居タイプのアニメGIFのサンプル

 Officeとの連携機能では、WordやExcel、PowerPointなどのOfficeアプリケーションとコミPo!との間で、相互に素材の透過付きコピー&ペーストができるようになった。これにより、コミPo!上のキャラクターや素材をPowerPointの資料の挿し絵にしたり、Excelで作成したグラフや表をコミPo!のコマに貼り付けるといった使い方が簡単にできるようになった。

 このほか、背景素材の追加やテキスト編集機能の強化など、各種の機能追加や改良を行っている。

 また、コミPo!で使用できるキャラクターとして配布されている、京都府精華町の広報キャラクター「京町セイカ」の3Dキャラクターデータがアップデート。精華町の名産品であるイチゴをモチーフとしたカラーなど、新たに9色のバリエーションと5種類のアクセサリーが追加された。追加データは精華町のサイトからダウンロードでき、すでにインストール済みのユーザーはコミPo!をVer.2.60にアップデートすることで自動的に更新される。

(三柳 英樹)