ニュース

学研、不正アクセスにより2万2108人分の利用者情報が流出の可能性

 株式会社学研ホールディングスは13日、学研グループが運営しているウェブサーバーに対する不正アクセスにより、個人情報が流出した可能性があると発表した。

 流出の可能性がある個人情報は、学研教育出版が提供している高校生対象のe-ラーニング教材「マイガク」サービス利用者のうち、旧サイトに登録のあるユーザーで、2012年4月9日〜2015年4月27日の期間に登録したユーザーが対象となる。流出した可能性のある人数は2万2108人。

 対象項目と人数の内訳は、1)学校・塾名/管理者および受講者のカタカナ氏名が2万2034人、2)学校・塾名/学年/クラス/管理者および受講者のカタカナ氏名/「マイガク(旧サイト)」閲覧認証用ID/パスワードが13人、3)学校・塾名/管理者および受講者のカタカナ氏名/メールアドレスが38人、4)個人受講者のカタカナ氏名/「マイガク(旧サイト)」閲覧認証用ID/パスワードが23人。

 流出の可能性のある情報の中には、個人の住所や電話番号、成績などの情報は含まれていない。また、流出の可能性のある2万2108人のうち、2万2070人はメールアドレスの情報は含まれていない。

 このほか、「ママノート」「保育CAN」「保育カタログ」の各サイトに対しても不正アクセスがあり、記事情報、商品情報、画像の流出の可能性があるが、サイトの改ざんはないという。

 学研ホールディングスには、7月8日14時10分ごろに第三者調査機関から情報流出についての指摘が入り、不正アクセスの痕跡があったことを確認。7月10日15時7分までに、不正アクセスを受けたサイトのサービスを停止するとともに、流出した可能性のある情報の調査を開始した。

 個人情報が流出した可能性のある「マイガク(旧サイト)」を利用の学校・塾には連絡するとともに、問い合わせ窓口を設置。今後は原因の究明と再発防止策を強化していくとしている。

(三柳 英樹)