ニュース

今夜「オリオン座流星群」がピーク、ウェザーニューズが全国7カ所から生中継

 株式会社ウェザーニューズは、10月21日夜〜22日早朝にピークを迎える「オリオン座流星群」の模様をライブ中継する。

 ウェザーニューズによると、オリオン座流星群は「全流星群の中で速度が2番目に早く、明るい流星や痕を残す流星が多く見られるのが特徴」。放射点はオリオン座の左に位置。そのオリオン座は、21日22時ごろに東の地平線から昇り始め、深夜に空高くに昇る。21日は24時ごろに月が沈むため、月明かりの心配なく流星観測を楽しめるという。

 ウェザーニューズでは、24時間ライブ放送番組「SOLiVE24 Ch.」にて特別番組を組み、21日22時から事前番組を放送。23時から早朝にかけて流星群の観測に適する全国7カ所からリアルタイムで中継する。番組は、スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「SOLiVE24 Ch.」ほか、PCやテレビ(BS 910ch)でも視聴可能。番組ではチャット機能を使って視聴者が会話できる。

 なお、21日22時から22日3時の間に流星が観測された際に、スマートフォンにプッシュ通知する「流星キャッチャー」は「星 Ch.」にて事前登録受付中。流星を観測すると、スタッフが3分以内に動画を編集し、スマートフォンに通知する。

 そのほか、流れ星を数える「流星カウンター」が21日21時から22日5時に「星 Ch.」内で提供される。全国で観測された流星の数が集計されるとともに、「流星見えたよマップ」に位置が表示される。

流星キャッチャー
流星カウンター
流星みえたよマップ

 ウェザーニューズによると、21日〜22日早朝にかけて西〜東日本は高気圧に覆われて各地で晴れ、観測に適した夜空になるという。深夜は雲が広がりやすくなるため、21日夜の早いうちか、22日の早朝がおすすめだとしている。

(磯谷 智仁)