ニュース

ゼンリンの「3D都市モデルデータ」をジオラマとして3Dプリントするサービス

 3Dプリントサービスを手掛ける株式会社アイジェットは22日、株式会社ゼンリンの「3D都市モデルデータ」を使った3Dジオラマ「3D Print Maps」の販売を開始した。価格(税別)は9800円から。

 ゼンリンの3D都市モデルデータは、国内主要都市の中心部の街並みが整備されており、建築シミュレーションやドライブシミュレーション、ゲーム開発などに活用されているという。3D Print Mapsでは、同データを3Dプリンターで出力することで、地形や道路、建物の形状までリアルに再現したジオラマアートとして楽しめるようにした。

 まずは、東京タワー周辺、神宮球場周辺、広島城・原爆ドーム周辺の3エリアをアイジェットのオンラインストア「3D Print Store」で販売開始。順次エリアを拡大する。価格は、縮尺が約1/12500でサイズが90×90mmの「100サイズ」が9800円、縮尺が約1/8900でサイズが140×140mmの「150サイズ」が2万9000円〜、縮尺が約1/6600でサイズが190×190mmの「200サイズ」が5万9000円〜、縮尺が約1/4300でサイズが290×290mmの「300サイズ」が14万円〜。100サイズ以外は額縁フレーム入りでの提供。

 また、自治体や建設業界を対象に、縮尺やエリアをカスタマイズした個別オーダーも受け付ける。

(永沢 茂)