ニュース

電通、CGキャラのモーションをMIDI形式のように記録できる「MotionScore」開発

 株式会社電通は9日、CGキャラクター/ロボットの動きを再生・編集するための技術「MotionScore」を開発したと発表した。

 MotionScoreは、CGキャラクターのポーズを音楽における楽譜のように記号化して記録・管理する技術。音楽に同期させたモーションデータを編集する場合、MIDI形式に変換することもできるため、テンポの異なる音楽に変えても、モーションをテンポに合わせて再現できる。従来は困難だった生演奏とCGキャラクター/ロボットによるダンスの共演や、即興でダンスをアレンジするなどの使い方が可能になる。

人の動きを「テンポに合わせて変化する関節角度の集合体」として符号化することでMIDIデータに近い形で記録することができる
リアルタイムでモーションを操作するなどの使い方ができる

 第1弾として、3月中旬にクラウドファンディングサイト「Indiegogo」に出品されるDJ用機材「GO-DJ Plus」にMotionScore技術が採用されている。これにより、DJプレイに合わせたダンスモーションをリアルタイムで生成可能。また、3月13〜16日に開催される「SXSW Trade Show」において、オーディオデータからBPMを検出するヤマハ株式会社の「Audio Beat Sync」技術と連動し、CGキャラクターがダンスをするデモンストレーションも行う予定だ。

「GO-DJ Plus」

 電通では、音楽シーン以外に、歩行サポートなどのヒューマンオーグメンテーション(人体拡張技術)に活用することで、将来的には医療分野にも応用できると見込んでいる。

(磯谷 智仁)