記事検索
バックナンバー
【2016年】
【2015年】
【2014年】
【2013年】
【2012年】
【2011年】
【2010年】
【2009年】
【2008年】
【2007年】

やじうまWatch

噂あり、未確認情報ありのやじうまWatch。
リンク先の記事などがすでに消失していることもありますが、あらかじめご了承ください。

意外とハズレが多い? Googleが予想した「あなたの年齢と性別」が話題に ほか

【2012/2/1】

意外とハズレが多い? Googleが予想した「あなたの年齢と性別」が話題に

 昨日ネットで多くの人がアクセスしていたのが、Googleの広告表示設定のページ。というのもこのページ、Googleがサイトの閲覧履歴から推定したユーザーの「年齢」および「性別」が書かれており、その精度が話題になっていたのだ。年齢はおおよその層、例えば「25〜34歳」といった枠で掲載されているのだが、「うぉ。当たってる」「当たってて怖い……」「なんでわかるねん」などと的中されて絶句する人もいる一方、「ちょっと君、僕はもうちょっと若いぞ」「全然当たってないよ? 年齢どころか性別まで」「私65歳以上って表示されたんだけどコレ凹んでいいよね?」など、意外にもハズレが多い模様。Googleではこれをもとに表示する広告の種類を決めているらしいのだが、このあたりのアルゴリズムはまだまだといったところのようだ。ともあれ、自分がGoogleから何歳に見られているのか、一度チェックしてみると面白い。アクセスするには下のURLから「ウェブ上の広告」をクリックしてほしい。

◇Ads Preferences Manager
https://www.google.com/settings/u/0/ads/preferences/?hl=ja&hl=ja
◇Google先生はユーザーの年齢と性別を予測できる?(NAVER まとめ)
http://matome.naver.jp/odai/2132798904151668901

(tks24)

スタッフの人気が一目瞭然……米新聞がスタッフごとの登録フィード数を公開

 新聞社などで記者個人のTwitterやFacebookのアカウントが用意され、公開されるケースが増えつつある。日本でも朝日新聞社が最近こうした試みを行なって話題になっていた。さて今回、海外でワシントン・ポスト紙のスタッフおよそ100人のFacebookのフィード登録数が公開されて話題になっていた。フィードの購読数が多いということはつまりそれだけの読者をスタッフ個人が抱えているわけで、一種の人気投票であるとも解釈できる。公開されたフィード数を見ると、上は19万人から下はたった1ケタまで、差は歴然。ジャンルによって差はつきやすいとはいえなかなかシビアな結果だ。ネットではこれらについて「ずいぶん差があるなあ」「これが評価に直結すると……怖いなぁ」といった感想のほか「これがただの人気取りの記述に繋がっていくことのないようにしてほしいなあ」と懸念する声もみられた。

◇Subscribe to Washington Post staff on Facebook - Ask The Post - The Washington Post
http://www.washingtonpost.com/blogs/ask-the-post/post/...
◇Twitterアカウントの紹介(朝日新聞デジタル)
http://www.asahi.com/twitter/

(tks24)