Internet Watch logo
記事検索
バックナンバー
第63回:「自転車大好きマップ 全国版」に「マイ地図」機能追加 ほか
[2009/06/11]
特別編2:ソニー「nav-u」の小さいカーナビ使ってみました<徒歩・自転車編>
[2009/05/28]
特別編1:ソニー「nav-u」の小さいカーナビ使ってみました<基本機能編>
[2009/05/21]
第62回:Google Mapsで「日本の地質百選」めぐり ほか
[2009/05/07]
第61回:黒部ダムオフィシャルサイト ほか
[2009/04/23]
第60回:「伊能大図」をネット上で見られる国土地理院のサイト ほか
[2009/04/09]
第59回:黄砂ライダーの観測状況など公開、東アジアの大気汚染マップ ほか
[2009/03/26]
第58回:光の軌跡で、日本主要都市の道路網を描く ほか
[2009/03/12]
第57回:好みの温泉を感性で探せる「感性検索 温泉版」 ほか
[2009/02/26]
第56回:Google Earth用の自社ビルを作る「インターネット建築.com」 ほか
[2009/02/12]
第55回:全国のダーツバーを探せる「ダーツマップドットコム」 ほか
[2009/01/29]
第54回:国土地理院、空中写真で国土の変遷がわかるデータベース ほか
[2009/01/15]
第53回:箱根駅伝を地図でチェック、「YOMIURI ONLINE」に特集サイト ほか
[2008/12/18]
第52回:ライブカメラでも確認できる、NEXCO東日本「高速道路雪道情報」 ほか
[2008/12/04]
第51回:積雪状況や降雪予報をチェックできる「雪センター 全国の雪情報」 ほか
[2008/11/20]
第50回:「Mashup Awards 4」で地図サイトが最優秀賞を受賞 ほか
[2008/11/06]
第49回:紅葉スポットを「BIGLOBEみんなの評判β」で自動分析 ほか
[2008/10/23]
第48回:全国の学校や公共施設の分布状況がわかる「日本を学ぶ」 ほか
[2008/10/09]
第47回:ソニースタイルが鉄道ファン向け地図コミュニティサイト ほか
[2008/09/25]
第46回: 仮想レース体験サービス「猛レース」で発見した面白レース ほか
[2008/09/11]
第45回:衛星の台風観測データが見られる「JAXA/EORC台風データベース」 ほか
[2008/08/28]
第44回:お盆の高速道路の渋滞情報を予測した「渋滞予報カレンダー」 ほか
[2008/07/31]
第43回:東京23区の「駅出口パノラマ写真」、Yahoo!地図で掲載 ほか
[2008/07/17]
第42回:地図からWebを逆検索する「逆マップ検索君」 ほか
[2008/07/03]
第41回:道の幅やカーブの多さを示した「道路の走りやすさマップ」 ほか
[2008/06/19]
第40回:「Google Earth」上で気候変動予測を表示するプラグイン ほか
[2008/06/05]
第39回:スパムブログを完全排除したタウン情報サイト「30min.」 ほか
[2008/05/22]
第38回:Yahoo!地域情報、方言の分布状況などがわかる特集 ほか
[2008/05/08]
第37回:「Virtual Earth 3D」でラスベガスや東京の3D表示 ほか
[2008/04/24]
第36回:街ログで「この街に住みたい!」レポート ほか
[2008/04/10]
第35回:「OpenStreetMap Japan」の日本サイト開設 ほか
[2008/03/27]
第34回:「楽天市場」の流通状況を地図上に可視化 ほか
[2008/03/13]
第33回:地図職人による地図の知識サイト ほか
[2008/02/28]
第32回:「撮るマップ」で東京マラソンを10倍楽しむ ほか
[2008/02/14]
第31回:アニメ「世界名作劇場」を地理の切り口で考察 ほか
[2008/01/31]
第30回:「ちず丸地震情報(仮)」に過去の地震の統計グラフ ほか
[2008/01/17]
第29回:都道府県の訪問経験を数値化する「経県値」 ほか
[2007/12/20]
第28回:世界の雨量分布図速報を準リアルタイムで配信 ほか
[2007/12/06]
第27回:エリアごとのインフルエンザ流行状況がわかる地図 ほか
[2007/11/22]
第26回:電車からの風景投稿サイト「The Train Travel」 ほか
[2007/11/08]
第25回:360度の全周囲画像サービス「LOCATION VIEW」 ほか
[2007/10/25]
第24回:「自転車大好きマップ 全国版」がリニューアル ほか
[2007/10/11]
第23回:「Second Life」内に静岡県・熱海の3Dジオラマ ほか
[2007/09/27]
第22回:ジョギングやマラソンに役立つツールを集めた「42.195km.net」 ほか
[2007/09/13]
第21回:防災の日、自分の町のハザードマップを確認 ほか
[2007/08/30]
第20回:バルーンからの空撮画像をFlash化する「航空写真ナビ」 ほか
[2007/08/02]
第19回:パノラマ写真を地図とともに楽しめる「景図工房」 ほか
[2007/07/19]
第18回:道路から見た街並み映像を表示する「GeoMovie」 ほか
[2007/07/05]
第17回:鉄道用「Google Earth」、JR東日本が業務に導入 ほか
[2007/06/21]
第16回:ルート地図と動画を融合させた新サービス ほか
[2007/06/07]
第15回:セブン-イレブンで出力可能な住宅地図 ほか
[2007/05/24]
第14回:地理を楽しく学べる「常識が身につく地図パズル」 ほか
[2007/05/10]
第13回:予測地図をチェックして大規模地震に備えよう ほか
[2007/04/19]
第12回:京都市、修学旅行用ナビサイトを開設 ほか
[2007/04/05]
第11回:「ALPSLAB route」に平均斜度を測定できる機能が追加 ほか
[2007/03/22]
第10回:東京都内の全31万棟を実地調査した集合住宅図鑑サイト ほか
[2007/03/08]
第9回:「そらまめ君」で大気汚染の状況をチェック ほか
[2007/02/22]
第8回:ウォークスルーも可能な「バーチャル京都3Dマップ」 ほか
[2007/02/08]
第7回:地図を活用した美しい映像で日本の新しい一面を発見 ほか
[2007/01/25]
第6回:旅の思い出を“旅行雑誌”にして残そう ほか
[2007/01/11]
第5回:一歩先を行くリアルな「三次元地図配信システム体感サイト」 ほか
[2006/12/14]
第4回:Google Earth上にジョギングルートを表示する「JogNote」 ほか
[2006/11/30]
第3回:GPS付きケータイで写真を投稿するプロジェクト ほか
[2006/11/16]
第2回:全国の地すべり地形分布図を「Google Earth」にオーバーレイ ほか
[2006/11/02]
第1回:国土地理院、「触地図」の原稿を作成するソフトを公開 ほか
[2006/10/19]
趣味のインターネット地図ウォッチ
第5回:一歩先を行くリアルな「三次元地図配信システム体感サイト」 ほか

「空中写真閲覧サービス」で戦後間もない頃の日本へタイムスリップ?!

「空中写真閲覧サービス」トップページ

 Google Earthの普及で衛星写真や航空写真を見る楽しみを知った人も多いと思うが、これらの写真は言うまでもなく、最近になって撮影されたものだ。しかしその一方で、戦後間もない頃の航空写真を見られるサイトがあるのをご存じだろうか? 国土地理院が提供する「空中写真閲覧サービス」というのがコレ。このサイトでは、1996年から2000年にかけて撮影された空中写真(航空写真)に加えて、なんと1945〜1956年と、今から50〜60年前の写真が閲覧できる。昔の写真は米軍によって撮影されたもので、色はもちろんモノクロ。その生々しい映像からは、終戦直後の荒廃した日本の様子がリアルに伝わってくる。

 使い方は、まず「空中写真検索−検索図(全国)」の画面から見たい地域をクリックしてみよう。小笠原や奄美諸島などを除いて、国土のほとんどの部分が見られるようになっている。地域を細かく選んでいくと、撮影ポイントが並んだ地図が表示される。地図上のポイントの中のどれかをクリックすると、その地点から撮影された空中写真が表示される。撮影データとして、日付だけでなく撮影した高度や縮尺も書いてある。また、デフォルトで表示されるのは縮小画像だが、「標準画像」をクリックすると、さらに精細な画像が閲覧可能だ。東京のような密集した地域の写真でも、標準画像なら地上の様子がよくわかる。

 これらの昔の空中写真を、国土地理院によって撮影された現在の写真と対比させると、実にさまざまなことがわかる。特に都心などを見比べると、日本は50〜60年の間にここまで復興したのかと、その変わりように驚いてしまう。Google Earthなどで日本の最新映像を見るのに飽きた時は、このサイトでちょっと過去にタイムスリップしてみてはいかがだろうか。

索引図 米軍撮影によるモノクロ写真

URL
 空中写真閲覧サービス
 http://mapbrowse.gsi.go.jp/airphoto/index.html


世界各国の統計データを地図で一覧

 統計というとゴチャゴチャした数字の羅列というイメージが強いが、これらのデータを基に“統計地図”を作成すると、その情報は格段に見やすくなる。そんな統計地図を集めたサイトが「世界地図で見る世界」だ。ここでは世界のさまざまな分野の統計情報を集めて、無料で公開している。

 各地図はデータの内容で国ごとに色分けされていて、とてもわかりやすい。まず、人口カテゴリーでは「世界人口」「世界の人口密度」「男女比」などに加えて、「14歳以下」「15歳から59歳まで」「60歳以上」「80歳以上」と、年代別の人口統計を収録。「健康」カテゴリーでは、「平均寿命」「5歳児未満死亡率」「合計特殊出産率」に加えて、「成人のHIVエイズ有病率」などのデータもある。

 「経済」カテゴリーでは、「一人当たりのGNI」「高所得世帯/低所得世帯の所得分布」「失業率」「1日1ドル未満の貧困者」など。「教育」カテゴリーでは「成人の識字率」の統計地図が閲覧できる。「社会」では「インターネット利用者数」「違法PCソフト」などのIT関係のデータから、「孤児の人数」「児童労働」などの社会問題までをカバーしている。「自然」では、「各国の森林の割合」や「森林増減率」など、環境問題に関わりの深いデータを収録。「その他」では「海外在留法人数」や「防衛費」などのデータを収録している。

 これらのデータは、どれも2006年の最新のデータで、出典は総務省統計局が発行したものや、UNICEFの白書などが使われている。地図データはダウンロードも可能だ。ファイル形式はPDFとGIFが用意されているので、幅広い使い方ができるだろう。また、それぞれの統計地図について簡単なコメントも記載されているので参考になる。うまく活用すれば、ビジネスの資料作りや論文作成などに重宝するだろう。

「世界地図で見る世界」トップページ 「世界人口」地図画面

URL
 世界地図で見る世界
 http://www.chizuyainoue.jp/


一歩先を行くリアルな「三次元地図配信システム体感サイト」

 最新版のGoogle Earthで注目されている“3D表示機能”だが、立体映像が見られる地図はGoogle Earthだけではない。例えば、日本地図センターが提供している「三次元地図配信システム体感サイト」でも、リアルな建物の3D映像が見られる。

 このサイトは、三次元都市地図システム「MAPCUBE」というデータを使った体験サイトだ。「MAPCUBE」とは、地図サイトでおなじみのインクリメントPと、CG制作会社のキャドセンター、GISや航空測量を提供するパスコの3社が共同で開発したもので、ビューアソフトにはキャドセンターが開発した「UrbanViewr for Web」というプラグインソフトが使われている。

 さっそく使ってみよう。「START」をクリックすればビューアは自動的にインストールされる。しばらくすると、渋谷の街角が表示されるはずだ。ズームは「近景」「中間」「遠景」の3段階のボタンが用意されているが、ホイールで無段階に調節できる。また、視点の仰角も右クリック+ドラッグで自由に調節できる。この辺りの操作性はGoogle Earthとほぼ同じだ。

 なんと言っても注目すべきなのは、主要なランドマークのリアルな描写。例えばハチ公前の景色を見ると、駅ビルの百貨店が掲げている垂れ幕や、看板広告がそのまま表示されている。どうやら写真から建物のデータを生成しているようだ。このようなリアルな建物データが見られるという点では、Google Earthの一歩先を行っていると言える。また、写真を使用していない建物についても、窓が表示されていたり、凹凸が細かく再現されていたりと、なかなかリアルだ。現在、Webサイト上で公開されている地図の範囲は渋谷を中心とした地域に限られるが、3D地図が好きな人は試してみて損はないだろう。

「三次元地図配信システム体感サイト」 渋谷・ハチ公前の画像

URL
 三次元地図配信システム体感サイト
 http://www.jmc.or.jp/kanren/urbanviewer.html


国旗にまつわる情報を調べられるサイト

 年末ということで各地でセールが開催されているが、商店街の歳末大売り出しなどでよく見かけるのが“万国旗”。めでたい日によく登場するこの万国旗、みなさんはそれぞれの国旗を見て、その名と場所をすぐに思い浮かべられる国がいくつあるだろうか。

 そんな国旗にまつわる情報を調べられるサイトが、「世界地図で、各国の位置を調べよう」というサイトだ。このサイトは国旗や横断幕、のぼりなどを扱う株式会社更五という会社が運営しているもので、世界地図を見ながら各国の国旗の情報を調べられる。

 試しに「アイルランド」をクリックしてみよう。その国の国旗とともに、大きな世界地図が表示される。左上の縮小地図の中をマウスで指し示すと、地図画面が連動して動くようになっている。スクロールもスムーズで使いやすい。また、地図の画像サイズが大きいので、各国がどのように配置されているかを全体的に調べたい時にも役立つだろう。

 また、単に国旗と場所を掲載しているだけでなく、国旗をクリックするとそれに関する詳しい情報も見られる。その国旗の意味や由来、縦横比なども確認できたりと、国旗の総合データベースとしてかなり完成度が高い。国旗画像からの逆引きができるのも便利だ。さらに、「世界の国旗占い」などユニークなコンテンツもある。

 国旗とはその国の象徴であり、“顔”のようなものだ。ある国に興味を持ったら、まずはどのような国旗なのかをいち早くチェックすることが、その国を理解する上での近道と言えるだろう。そのためにもぜひこのサイトを役立てていただきたい。

「世界地図で、各国の位置を調べよう」 スクロールがスムーズな世界地図

URL
 世界地図で、各国の位置を調べよう
 http://www.sarago.co.jp/map/

(2006/12/14)


碓氷 貫(うすい とおる)
地図に関することならインターネットの地図サイトから紙メディア、カーナビ、ハンディGPS、地球儀まで、どんなジャンルにも首を突っ込む無類の地図好きライター。地図とコンパスとGPSを片手に街や山を徘徊する日々を送る一方で、地図関連の最新情報の収集にも余念がない。

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
 Copyright (c)2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.