最新ニュース

日本の「リネージュ」ユーザーは集団活動が好き〜東大池田教授が実態分析

ゴメス、2003年夏期の国内・海外旅行サイトのランキングを発表

UIS、永井豪などが登場する「コミックス・アニメ祭」を開始

インターネット接続利用者数、ブロードバンド加入者が1,100万人に近づく

1週間メールのない生活は「離婚よりストレス」〜Veritas調査

OCN、Web上でホームページを作れる「ホームページ簡単キット」

NTT西日本、ブロードバンド回線を活用したVPNサービス提供開始

テックジャム、9,500円の検索キーワード解析ツール

オンライン音楽市場はまだ成長の余地あり〜米Jupiter調査

BIGLOBE、直販サイトを集約した「BIGLOBE STORE」を開設

テレマン、31の離島で衛星ネットを活用した常時接続環境の整備構想

感染するとIEのパフォーマンスが低下するウイルス「Bingd」

CRLの研究施設公開イベントで、今年も“無線LANラジコン”が登場

米ISS、WindowsのRPCに関する脆弱性の有無をチェックできるツール

InfoSphereに@FreeD対応の固定IP付与サービス

総務省、電波再配分の給付金算定に関する報告書を公開

情報通信審議会、携帯技術やアニメ・ゲームを活かす「日本型新IT社会」提言

ITXと有線ブロード、企業向け光ブロードバンド事業で合弁会社設

NRIら、実証実験に基づいた無線LANの設計・運用サービス

IE用の国際化ドメイン名プラグイン「i-Nav」がRFCに準拠

OCNでアクセス集中によるDNS障害が発生。現在は復旧

ソフトバンクBB、必要な機能だけを追加利用できるセキュリティサービス

日本気象協会、患者が急増している熱中症の予防情報サイトを開設

日本語ドメイン名の普及に、残る課題はアプリケーションの対応〜JPRS取締役

損保ジャパン、ネット上でリアルタイムに事故対応状況を照会できるサービス

シマンテック、感染するとうるさいウイルス「Lorsis」を警告

Web上のグラフィック技術「X3D」が国際規格へと一歩前進

著名なダウンロードサイト「Download.com」が殿堂入りソフトを4本発表

ノルウェーTelenor、航空機向けに衛星経由のパケットデータサービス

【連載】検索エンジンの裏側 第10回 Yahoo!のOverture買収で浮上した3つの疑問

【イベントレポート】

2006年までにインターネットITSでビジネス展開を目指す

■URL
http://www.internetits.org/

村井純教授
 5日、インターネットITS協議会(IIC)が第2回総会をホテルラフォーレ東京で開催した。総会に合わせて、慶應義塾大学の村井純教授が「Reality of Automobility インターネットの視点から見た、移動体通信の進化と可能性」と題した講演を行なった。

 IICは、2002年10月29日に慶應義塾大学やトヨタ自動車などが中心になって設立されたITS(Intelligent Transport Systems:高度道路交通システム)の実現を目指す団体。現在112社が参加しているほか、官・学の協力を得てインターネット自動車社会の実現を目指している。

 IICの時津事務局長は、「2006年までにインターネットITSをビジネスとして成立させたい。今日、携帯電話やカーナビなどが充実し、また多くの会員の支援を受けているバックグラウンドがある以上、2006年までに必ずビジネス社会を実現できると思う」と語った。また、これまでの官の支援を受けた実証実験から、民間主導の実験へと移行する方針で、「官には、民間が作り出した仕組みを有効利用する形で参加してほしい」とコメントした。

●10億台の車が10億ノードになるインターネットITS社会

 村井教授は「我々が挑戦しなくてはいけないものは何か」をテーマに基調講演を行なった。「将来、10億台の車が走っていれば、それは移動する10億ノードが存在することになるはずだ。バッテリー技術や液晶技術の向上によって、未来社会では人間が移動するところにインターネットのノードが存在する、人間中心的なネットワークが構築されるべき。現在、足りないものは通信の分野だ」と語る。また、日本の携帯電話の進歩に触れ、「日本の携帯技術の進歩がインターネットのモビリティを促進している。インターネットが設計された時、コンピュータは移動しないものとして設計された。これからのインターネットの基盤はモビリティが中心になり、むしろ固定のものが例外になる」と予測する。

 村井教授はインターネットの特性を「何にでもつながるし、何ででもつなげることができるもの」と定義する。「インターネットのメリットは足まわりを共有できること。その上で動作するアプリケーションの開発のコストや負担を下げることができる。例えば電話回線を考えてみれば、世界の人口が60億人だとすれば30億回線を用意すればいい。これは、インターネット回線全体の微々たる帯域に過ぎず、インターネット電話で課金することなどできない」と語る。

 さらに、「ユーザーは移動するにつれてネットワークの接続先が変更されていても、それに気づきたくないという要求がある」とし、村井教授は「これを実現するための技術はすでに10年前から存在している」と語る。その技術とは「MobileIP」であり、「IPアドレスが足りないことだけがネックだった」と語る。つまり、IPv6社会が実現することで、MobileIPが本来の役割を果たすことができるのだ。

●脱サイバースペースへ

 インターネット空間はときどき、「サイバースペース」と呼ばれることがある。村井教授も「インターネットの発展は、現実の場所や位置を無視することで成長してきた側面がある」と指摘する。しかし、「これからは、現実の位置情報をインターネットと組み合わせることで新たなビジネスが成立する」として、「GLIシステム(地理位置情報システム)」の実験を積極的に推進していくという。GLIシステムではないが、似たような実験としてマンハッタンでは、タクシーが走行している場所や時間によって、表示する広告を切り替える試みを行なっているという。村井教授は「本来なら、この手の実験は日本が得意とするジャンルだし、日本が先にやらなくてはならない。非常に悔しい」とコメントした。

 しかし、現在のGPSを使ったインターネットITSの実験では、どうしても衛星を捕捉できずにエラーとなってしまう場所が存在する。これをどのように解決していくかがこれからの課題であり、その解決方法の1つとして「準天頂衛星」を紹介した。準天頂衛星は、仰角70度の方角に静止する衛星で、GPSの苦手とするビルの陰などで発生する電波の遮断を軽減することができるという。

 最後に村井氏は、「本当に何でもつながる空間」に必要なものをいくつか列挙した。それは、無線インターネットの定額化、インターネットローミング機能としてのMobileIPの普及、現在よりも安定的な位置情報空間の確保、ITSサービスのビジネスモデルの確立、および携帯電話サービスなど広義なモバイルサービスとの連携などだ。そして、もっとも必要としているものとして「お金が実際に儲かるという成功事例が欲しい」と語る。さらに、「IPv6といえば、世界の中でも日本が一番進んでいる。そのため、日本の技術者がもっと積極的に世界に出て行く必要がある」とハッパをかけた。

マンハッタンの位置情報サービスを利用した広告配信システム「ad runner」概要 「本当に何でもつながる空間」のイメージ

◎関連記事
インターネットITSの共通アーキテクチャー策定へ
名古屋では5台に1台が“インターネットタクシー”
ITSの基盤へと発展する“インターネット自動車”

(2003/6/5)

[Reported by okada-d@impress.co.jp]

INTERNET Watchホームページ

INTERNET Watch編集部internet-watch-info@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.