最新ニュース

日本の「リネージュ」ユーザーは集団活動が好き〜東大池田教授が実態分析

ゴメス、2003年夏期の国内・海外旅行サイトのランキングを発表

UIS、永井豪などが登場する「コミックス・アニメ祭」を開始

インターネット接続利用者数、ブロードバンド加入者が1,100万人に近づく

1週間メールのない生活は「離婚よりストレス」〜Veritas調査

OCN、Web上でホームページを作れる「ホームページ簡単キット」

NTT西日本、ブロードバンド回線を活用したVPNサービス提供開始

テックジャム、9,500円の検索キーワード解析ツール

オンライン音楽市場はまだ成長の余地あり〜米Jupiter調査

BIGLOBE、直販サイトを集約した「BIGLOBE STORE」を開設

テレマン、31の離島で衛星ネットを活用した常時接続環境の整備構想

感染するとIEのパフォーマンスが低下するウイルス「Bingd」

CRLの研究施設公開イベントで、今年も“無線LANラジコン”が登場

米ISS、WindowsのRPCに関する脆弱性の有無をチェックできるツール

InfoSphereに@FreeD対応の固定IP付与サービス

総務省、電波再配分の給付金算定に関する報告書を公開

情報通信審議会、携帯技術やアニメ・ゲームを活かす「日本型新IT社会」提言

ITXと有線ブロード、企業向け光ブロードバンド事業で合弁会社設

NRIら、実証実験に基づいた無線LANの設計・運用サービス

IE用の国際化ドメイン名プラグイン「i-Nav」がRFCに準拠

OCNでアクセス集中によるDNS障害が発生。現在は復旧

ソフトバンクBB、必要な機能だけを追加利用できるセキュリティサービス

日本気象協会、患者が急増している熱中症の予防情報サイトを開設

日本語ドメイン名の普及に、残る課題はアプリケーションの対応〜JPRS取締役

損保ジャパン、ネット上でリアルタイムに事故対応状況を照会できるサービス

シマンテック、感染するとうるさいウイルス「Lorsis」を警告

Web上のグラフィック技術「X3D」が国際規格へと一歩前進

著名なダウンロードサイト「Download.com」が殿堂入りソフトを4本発表

ノルウェーTelenor、航空機向けに衛星経由のパケットデータサービス

【連載】検索エンジンの裏側 第10回 Yahoo!のOverture買収で浮上した3つの疑問

【ブロードバンド】

みあこネットが実験期間を延長してビジネスモデルを模索

公衆無線LANは「来客への“しつらえ”」として必需品に

■URL
http://www.miako.net/

「世界で使えるスケーラビリティを『みあこIII』で実現したい」。18日、東京都内で開かれたインテルとの共同記者会見で今後の方針を説明する高木氏

 NPO法人の日本サスティナブル・コミュニティ・センター(SCCJ)は18日、京都を中心に展開している無料の公衆無線LANサービス「みあこネット」の実験期間を1年間延長し、2004年12月末まで継続することを明らかにした。基地局を現在の230局(5月末時点)から350局以上に拡大するとともに、本格展開へ向けたビジネスモデルも検討していく。

 みあこネットではすでに3月から、VPNでセキュリティを確保する「みあこII」サービスを開始。6月10日に全基地局のVPN対応が完了したという。これにより登録ユーザーは、Windows XPなどに実装されているPPTP機能で、みあこネットの公衆無線LANサービスをセキュアに利用できるようになった。みあこネットが設置するVPNサーバーとの間にトンネリング接続を確立する仕組みとなっており、アカウント登録者は4,600人(5月末時点)に達している。

 このように、みあこネットが自身がVPNサーバーの運営やアカウント発行を行なう従来のモデルに対して、今後は“入口”の増加に注力する方針だという。これは、VPNの入口にあたる無線基地局についてはみあこネットが増やしていく一方で、“出口”にあたるVPNサーバーについては、ISPなどの別の企業による設置を促進。これらの企業が個々に発行するアカウントを使って、それぞれの会員ユーザーがみあこネット経由でインターネットに接続できる環境を整備するというものだ。「b-mobile」を展開する日本通信がすでにこの仕組みを活用しているが、SCCJでは企業や大学などにもVPNサーバーの運用を提案していくという。

 みあこネットは現在、京都市内のほかにも鳥取や富山、東京、沖縄など、全国に基地局が拡大しつつある。みあこネット接続料金である月額4,700円を負担する必要はあるものの、専用の無線ルータは無償貸与される。企業や個人がADSLなど既存のブロードバンド回線にこれを追加するだけで、その一部の帯域を公衆無線LANサービスとしてに開放できるということで、趣旨に賛同するメンバーが増えている模様だ。

 ただし、集客効果などをうたう他の無料スポットのビジネスモデルと異なるのは、「基地局オーナーにとって何のメリットもない。リターンはないと思って下さい」(SCCJ代表理事/みあこネット事業統括責任者の高木治夫氏)と説明している点だ。みあこネットではこれを「客間の亭主モデル」と呼んでおり、客間や生け花、お茶など、来客に対する“しつらえ”が各家庭にあるように、企業やその地域を訪れる人のためのしつらえとして、無料で使える無線LAN環境が必需品になると強調している。

基地局オーナーに無償貸与される無線ルータはルート製。Ethernetケーブルをつなぐだけで、1秒で基地局が設置できるという。「みあこII」で導入したVPN方式のほか、実験当初から採用してきた従来のMIS方式のセキュリティ機能も併せて提供できる 基地局オーナーが無線LANスポットを示すロゴマークを掲げるのは当然だが、みあこネットではそのほかに小さな千社札シールを用意。ユーザーが実際に接続できた場所や使えてうれしかった場所に、これを貼ってもらうという仕掛けである

◎関連記事
みあこネットが新方式のサービス「みあこII」追加
b-mobile、公衆無線LANサービス「みあこネット」に対応

(2003/6/18)

[Reported by nagasawa@impress.co.jp]

INTERNET Watchホームページ

INTERNET Watch編集部internet-watch-info@impress.co.jp
Copyright (c) 2003 Impress Corporation All rights reserved.