Internet Watch logo
記事検索
イベントレポート
【 2009/06/12 】
ひろゆき氏&夏野氏が講演「日本のネットは決してダメじゃない」
[18:57]
携帯ゲーム機のような見た目のNGN対応回線品質測定器
[14:28]
ISAO、IPデータキャストを利用したサービスイメージを展示
[11:33]
【 2009/06/11 】
アナログ停波後の周波数帯域を利用したマルチメディアサービス
[18:50]
日テレが「ニュース検索API」などを紹介、国内の地上波放送局初
[18:36]
UQ Com田中社長、高速&オープン志向「UQ WiMAX」のメリット語る
[17:45]
主催者企画コーナーでは「ServersMan@iPhone」のデモも
[11:13]
国内初のデジタルサイネージ展示会、裸眼で見られる3D映像など
[11:12]
【 2009/06/10 】
CO2排出量が都内最多の地域、東大工学部のグリーンプロジェクト
[20:01]
IPv4アドレス枯渇で「Google マップ」が“虫食い”に!?
[19:29]
UQ Com、7月の有料サービス開始に向けて「UQ WiMAX」をアピール
[19:20]
「Interop Tokyo 2009」展示会が開幕、今年はひろゆき氏の講演も
[14:53]

ひろゆき氏ら、モバイルのWeb 2.0やCGMビジネスについて語る


 モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)と翔泳社の主催によるイベント「mobidec 2006」が11月30日に開催された。「モバイル2.0の衝撃」と題したパネルディスカッションでは、携帯電話におけるWeb 2.0の可能性について語られた。

 登壇者は、2ちゃんねるの管理人であり、ニワンゴの取締役でもある西村博之氏、DeNAの川田尚吾取締役COO、グリーの田中良和代表取締役社長。モデレータをKLabの真田哲弥代表取締役社長が務めた。


2ちゃんねるのビジネス化は困難

ひろゆき氏
 西村氏はWeb 2.0について、「お金を払わないユーザーをいくら集めてもビジネスにはならない」と指摘。「広告モデルが儲からないことは、第1次ネットバブルが終わった頃に皆が確認しているはず。最近また広告モデルが上手くいくと思われている気がする。3年で皆は記憶なくしちゃうのかな」と話した。

 携帯電話における2ちゃんねるについては、「全体の3〜4割(1日約6,000万PV)は携帯からのアクセス。携帯向けは文字数や表示数が小さくなるので使い辛い。誰もしっかり見るよりは、電車の中とかで少しチェックする程度だと思う」とコメント。また携帯向けの検索エンジンについて、「携帯はPCのように何度もキーワードを入力して調べる文化がない。表示速度の問題もあり、まだ発展途上だろう」と述べた。

 携帯電話でのビジネスについて西村氏は、「PCでは売れないが、携帯では売れるコンテンツもあるので、市場がなかったコンテンツが携帯経由で売られていくのではないか」とした。このほか、2ちゃんねるには知識情報量に優れたスレッドもあり、それをビジネス化する考えについて尋ねられたところ、「ビジネス寄りにすることも考えたことはあるが、今日も寝坊して遅刻したように、僕がビジネスに向いていないので難しい」と話し、会場の笑いを誘った。


DeNAは携帯でNo.1サービス企業を目指す

川田取締役COO
 Web 2.0が盛り上がる以前から消費者参加型メディアをオークションとして提供してきたDeNA。最近の傾向について川田氏は、「モバオクは予想を上回る伸びを見せた。世の中の多くの人は、PCではなく携帯電話がデフォルト端末になっており、そういったユーザーに利用されているため」と指摘。「携帯向けにもWeb 2.0的なサービスが出てきているので、これから伸びるだろう」と述べた。

 DeNAが提供する携帯電話向けコミュニティサイト「モバゲータウン」については、「アバター購入時などにモバゴールド(仮想通貨)を使うが、ゴールドは友達を紹介したり、提携している広告サイトなどで登録すると貰える。仮想通貨を使って有料コンテンツに誘導し、収益を上げるモデルが成り立っている」と説明。また、「今後は携帯のブロードバンド化によって、サービスレイヤーでの市場規模が拡大するだろう。モバゲータウンではコンテンツを増やし、現在の会員数200万人から早期に1,000万人を目指す」と語った。


グリーはKDDIとのサービスに注力

田中社長
 グリーの田中氏は、KDDIと組んで提供している「EZ GREE」について、「auは回線ユーザー数的には3割のシェアだが、コミュニティサイトへのトラフィックを見るとドコモと半々だった。キャリアはコミュニティサービスをやりたがらない傾向があるが、auは以前から他が踏み込まない領域にもチャレンジしており、モバイルSNSをするにあたってパートナーに選んだ」と経緯を説明。「モバイルサイトは、あまり作ったことがなかったので、EZ GREEを作るにあたり、有名なモバイルサイトを見てデザインやサービスなどのトレンドを研究した」と述べた。

 また、「PCは今年いっぱいで面白いサービスが出尽くした感がある。将来、考え付かなかったようなサービスが生まれる可能性もあるので、PC向けサービスはそれに向けて仕込みをしていく時期に来た。モバイルは今、面白いサービスを出す時期だと思う。我々としは当面、KDDIとのサービスを成功されることに注力する」とコメント。「これからのモバイルは、消費者参加型のサービスが加速してくるだろう。問題はビジネスモデルとして何が適しているのか。広告モデルは期待できないかもしれないが、多少なりともマーケットは存在しているので、これからの拡大に注目していく」と語った。


関連情報

URL
  mobidec 2006
  http://www.mobidec.jp/

関連記事
「はじめまして、ニワンゴです」取締役管理人のひろゆき氏らがお披露目(2005/11/29)
KDDIとグリー、モバイル向けSNS「EZ GREE」を11月16日に開始(2006/10/30)


( 野津 誠 )
2006/12/01 15:55

- ページの先頭へ-

INTERNET Watch ホームページ
Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.