記事検索
バックナンバー

時間の使い方と、目標達成具合がチェックできる「Timenote」


アプリ名Timenote(Ver.1.7)
こんなときに自分の時間の使い方を把握し、管理したい
価格85円
販売Katsunobu Ishida、(C)2011 Katsunobu Ishida
URLhttp://itunes.apple.com/jp/app/id439176506

アイコンをタップするだけで行動を記録

 「ちゃんとしているつもり」だが、気がついたらなんとなく1日が終わっていた、ついぼーっとすごして、何をしていたのかいまいちハッキリ覚えていない、なんてことはよくある。そんなときは、時間の使い方を振り返ってみよう。感覚的な思い込みではなく、実際にいつ何をしているのかを把握するのである。ただし、時計を見ながら、逐次メモしていたのでは、すぐ面倒になって投げだしてしまうだろう。そこで便利なのが「Timenote」である。

 「Timenote」は、画面上に並ぶアイコンをタップするだけで、何をしているか、その行動時間が記録できるアプリだ。初期設定では、「仕事」「教養」「睡眠」「交際」「雑務」「食事」「娯楽」「運動」の8種類の分類(行動)がプリセットされており、該当するアイコンをタップすると、その瞬間から時間がカウントされていく。

 たとえば、食事を始めたら「食事」をタップする。食事を終えて「仕事」に取りかかった場合は、続けて「仕事」のアイコンをタップするだけでよい。その瞬間、食事の終了時間と、仕事の開始時間が記録されるわけである。

 このように行動が変わるたびにアイコンをタップしていくと、それが順次記録される。うっかり開始時間をすぎてからタップしても、ログの編集から修正もできる。また、日をまたいだ記録も可能だ。データはCSV形式で書き出し、メールに添付して送付することも可能だ。

 「その他」にある分類の設定により、自分の日常にあった行動も登録できる。アイコンも多数用意されているので、概ねカバーできるだろう。

目標時間の達成具合も把握

 「履歴」を開くと、「今日」の時間の使い方がひとめで分かる。時間帯ごとの行動が色分けされており、行動の開始および終了時間と、要した時間が数値でも確認できるのだ。これは記録中にも参照できる。

 さらに「サマリー」では、日別、月別、年別の合計時間と、目標時間までの過不足分が数字やグラフで確認できる。実は、各行動には目標時間が設定できるのだ。1日最低1時間以上は勉強する、30分以上は読書する、といったように、数字を設定しておくと、目標が達成できているかどうかが分かる。

 自分が何にどれくらい時間を使っているのがが、視覚的に分かりやすくなるため、実際の作業工数を把握するとか、自分のライフスタイルを振り返ることができるだろう。場所や時間の拘束力のないフリーランスなどは、1日の作業時間を具体的に把握するのにも役立ちそうだ。また、次のアクションを意識することで緊張感も生まれる。使い方次第で、さまざまな気づきを生みそうである。

「Timenote」 初期画面 自分で自由に分類(行動)を登録できる アイコンは多数用意されている それぞれの行動には目標値を設定できる
記録は、アイコンをタップするだけ その日の行動が一目瞭然になる「履歴」 日別、月別、年別の合計が分かる「サマリー」 「サマリー」で各分類を選択すると、分類ごとのデータが参照できる
「サマリー」の「日別/月別レポート」 「サマリー」の「年別レポート」 「年別レポート」のグラフ タップのタイミングを誤ったログは、「履歴」で修正可能

関連情報

2011/11/9 06:00


すずまり
プログラマからISPの営業企画、ウェブデザイナーを経て、現在はIT系から家電関連まで、 全身を駆使してレポートする雑食性のフリーライターに。カメラを中心にガジェットを好む。趣味は写真と料理。
主な著書に「Facebook仕事便利帳」「iPhone 4 仕事便利帳」(ソフトバンククリエイティブ)など。ど。