いまさら聞けない!? ちかごろ話題のサービス・アプリをさくっと解説

全国のローソンでパソコンがつながる公衆無線LANサービス「LAWSON Free Wi-Fi」

サービス名 LAWSON Free Wi-Fi
リリース日 2012年4月6日
運営会社名 株式会社ローソン
料金 無料
URL http://www.lawson.co.jp/service/others/wifi/
登録 必要
LAWSON Free Wi-Fi

ウェブブラウザーだけで無料で使える

 「LAWSON Free Wi-Fi」は、全国のローソン約1万2000店舗(2015年4月末現在)で利用できる、無料の公衆無線LANサービスです。対象となるのは、スマートフォンやパソコン。毎週水曜日午前1〜5時のメンテナンス時間を除き、1回最大60分まで、1日5回まで接続できます。サイトフィルタリング技術を導入しており、著しく公序良俗に反するサイトは閲覧できないような配慮がなされています。

「LAWSON Free Wi-Fi」のステッカーがあれば利用できます

 ローソンの公衆無線LANサービスは、2012年4月に「LAWSON Wi-Fi」としてスタートしました。接続できるのはスマートフォンに限られ、ローソン公式アプリ「LAWSON」のインストールと会員登録、共通ポイントカードの「Ponta」が必要でした。

 しかし、2015年6月1日からは「LAWSON Free Wi-Fi」としてサービスがリニューアルされました。アプリやPontaも不要になり、スマートフォンだけでなくパソコンからもウェブブラウザーだけで利用可能になっています。また、英語、韓国語、中国語(簡体字/繁体字)と多言語対応しているため、日本に観光で訪れている外国の方も利用できるようになっています。

【記事訂正:12/24】
 記事初出時、メンテナンス時間およびサイトフィルタリング技術の記載について誤りがありました。お詫びして訂正します。

アプリやユーザー登録は不要

 設定は非常に簡単で、利用に必要なのはメールアドレスだけです。接続したいローソンに行き、パソコンまたはスマートフォンのWi-Fi設定で、SSID「LAWSON_Free_Wi-Fi」を選択します。接続が確認されたらウェブブラウザーを起動してリロードすると、「LAWSON Free Wi-Fi」という画面が開きます。そこで「インターネットに接続する」を選択し、メールアドレスを入力するだけです。メールアドレスの登録は初回だけ。有効期間が1年間のため、1年経過後は再度入力する必要があります。

Wi-Fi設定でSSID「LAWSON_Free_Wi-Fi」を選択します
「インターネットに接続する」を選択します
メールアドレスを登録します。手間がかからず便利ですが、ユーザー自身のメールアドレスかどうかの確認がないため、少々不安は残ります
セキュリティに関する注意事項が表示されます
これで設定は完了です
パソコンのウェブブラウザーでもまったく同じ手順で接続できます

 接続の簡単さや使用感は前回ご紹介した「セブンスポット」(http://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/trendsv/20151216_735490.html)と変わらないようです。事前登録やログイン、アプリが不要な分、「LAWSON Free Wi-Fi」のほうがほんの少々簡単かもしれません。一度設定しておくと、いざというときにスムーズに利用できるでしょう。

 なお、設定時の案内にも記載されていますが、「LAWSON_Free_Wi-Fi」の無線LANは通信が暗号化されていないため、通信内容が第三者に覗き見される可能性があります。大事な情報をやりとりする際にはサイトがHTTPSを利用しているかを確認する、パソコンの場合はファイル共有機能を解除するなど、利用には注意が必要です。総務省が公開しているWi-Fi利用者向け簡易マニュアル(http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/wi-fi.html)や、政府広報オンラインで公開されている記事(http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201303/1.html)などを参考にしてください。

すずまり

プログラマからISPの営業企画、ウェブデザイナーを経て、現在はIT系から家電関連まで、 全身を駆使してレポートする雑食性のフリーライターに。主な著書に「Facebook仕事便利帳」「iPhone 4 仕事便利帳」(ソフトバンククリエイティブ)など。 睡眠改善インストラクター、睡眠環境診断士(初級)。