記事検索

マイケル・ジャクソン死去のニュースが影響、AOLのIMがダウン


 米AOLは25日、同社が提供するインスタントメッセンジャー(IM)サービスである「AIM」が同日午後、約40分間にわたりダウンしたことを明らかにした。AOLでは、あらかじめ予定していたAIMサービスのソフトウェアアップデートを実施していたが、歌手のマイケル・ジャクソンさん死去の報道を受けてトラフィックが急増。その影響で、アップデート作業を通常通りに完了することができなかった模様だ。

 AOLでは、有名人の死に際して、インターネット上で情報を検索・共有する行為が、現代における1つの追悼の手段になっていると指摘した上で、「今日はインターネットの歴史で、萌芽的な瞬間だった。範囲や程度において、我々はこれまでこのような状況を見たことはなかった」とコメントしている。


関連情報


(永沢 茂)

2009/6/26 17:46

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.