記事検索

インフル発生時の緊急連絡手段、学校ホームページ掲載が半数以上


 NTTレゾナントは15日、インフルエンザ発生時における学校と家庭の連絡方法に関するアンケートの結果を公表した。調査は10月1日から8日まで、全国の私立中学校・高等学校1396校の校長、教頭、教員などを対象に実施し、220校から有効回答を得た。

 調査によれば、2009年4月から9月までにインフルエンザが原因で学級閉鎖が発生した学校は47.5%と約半数。また、9月以降にプリントを配布するなどして、保護者にインフルエンザに関する情報伝達をした学校は95%に上った。

 インフルエンザ流行確認時の緊急連絡手段が決まっていると答えた214校に連絡手段を挙げてもらったところ、「学校ホームページへの掲載」(58.4%)と「電話連絡網」(52.3%)が半数を上回ったほか、「担任によるクラス全家庭への個別電話」(41.1%)や「システムによる携帯・PCへのメール全校一斉送信」(28.0%)が多かった。


関連情報

(増田 覚)

2009/10/16 11:00

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.