記事検索

Google、ページ読み込み高速化技術「SPDY」プロジェクトを公開


 米Googleは11日、これまで社内で進めてきたという、Webページ読み込み速度を高速化するプロジェクト「SPDY」(スピーディーと読む)を公開し、Webコミュニティへの参加呼びかけを行った。

 SPDYは、Webコンテンツを転送するためのアプリケーションレイヤープロトコルだ。遅延を最小化するために、多重化ストリーム、リクエストの優先順位付け、HTTPヘッダ圧縮などの機能を使用する。

 SPDYプロジェクトが実験室環境で行った実験の結果によると、上位25サイトをホームネットワークをシミュレートして読み込んだところ、ページ読み込み速度は現時点でも55%高速化されたとしている。

 SPDYは今後、実環境のもとでパフォーマンスの評価を行う必要がある。そのため今回、ドキュメントやソースコードを公開し、Webコミュニティへのプロジェクト参加を呼びかけている。


関連情報

(青木 大我 taiga@scientist.com)

2009/11/13 12:04

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.