記事検索

Google ツールバー、見ているページを簡単につぶやける機能追加


 米Googleは14日、Webブラウザ用プラグイン「Google ツールバー」に「共有」機能を追加したと発表した。「Google ツールバー」はInternet Explorer(IE)6.0以上、Firefox 2以上に対応しており、同社サイトから無償でダウンロードできる。

 共有機能を使うと、現在開いているページをTwitterなどに簡単に投稿できるようになる。共有ボタンをクリックすると、サービスの一覧が表示されるため、投稿先のサービスを選択すればよい。

 例えば、Twitterを選択すると、そのページのタイトルとURLが入力された状態でTwitterの投稿ページが開く(Twitterへのログインが必要)。URLは、Googleが同日発表したURL短縮サービス「Google URL Shortener」によって、「goo.gl」ドメインのものに自動的に短縮される。

 現在、Facebook、MySpace、Blogger、Gmail、Hotmailなど59のサービスがあらかじめ登録されており、日本のサービスとしては「はてな」が含まれている。


閲覧しているページのタイトルと、その短縮URLが入力された状態で、Twitterの投稿ページが開く。ただし、閲覧しているWebページや、選択するサービスによって、短縮URLが生成されないものもあるようだ

共有ボタンから選択できるサービスの一覧(Firefox版) 共有機能の設定画面(Firefox版)

 今回の「Google ツールバー」のアップデートでは、共有機能の追加のほか、Webページにコメントを書き残すことができる「Google サイドウィキ」機能が、日本語を含むほとんどの言語で提供されるようになった。

 また、IE版では、ブラウザの位置情報を取得してローカル検索結果などに反映させる「My Location」が正式機能になった。なお、Firefoxではこれと類似した機能がブラウザ自体に搭載されている。


関連情報


(青木 大我 taiga@scientist.com)

2009/12/15 14:30

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.