記事検索

Google、「goo.gl」で独自のURL短縮サービス開始


「Google URL Shortener」のサービス概要ページ

 米Googleは14日、「goo.gl」ドメインによる独自のURL短縮サービス「Google URL Shortener」を開始したと発表した。このサービスは、同日アップデートされた「Google ツールバー」と、FeedBurnerから利用できる。「goo.gl」のみを利用するインターフェイスは現在提供されていない。

 Googleでは、同社の強みである安定性、セキュリティ、スピードを生かしてこのサービスを提供すると説明する。特にセキュリティに関しては、検索サービスと同様に、危険なURLを事前に発見し、警告するとしている。

 URL短縮サービスは一般に、長いURLを短縮することによって、他の人と共有しやすくするために利用されている。例えばTwitterには、1投稿あたり140文字の字数制限があるため、URLの文字数が少なくなることには大きなメリットがある。

 現在この市場では「bit.ly」と「tinyURL」が大きなシェアを占め、両社が競い合っている状況だ。その一方で、SNS世界最大手のFacebookも独自のURL短縮サービス「fb.me」を開始したことが確認されており、競争は激化しつつある。


関連情報


(青木 大我 taiga@scientist.com)

2009/12/15 11:56

INTERNET Watch ホームページ
Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.