記事検索

“Gumblar”ウイルスにDDoS攻撃を行う新種、JPCERT/CCが注意喚起


 JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は28日、いわゆる“Gumblar”型の攻撃によって感染するマルウェアの中に、新たにDDoS攻撃を行うものが確認されたとして、注意喚起の文書を公開した。

 JPCERT/CCでは、Gumblar型の攻撃によるWebサイト改ざんの報告が引き続き寄せられており、改ざんされたWebサイトを閲覧した場合に感染する危険のあるマルウェアの中に、国内外の企業や組織のサイトに対してDDoS攻撃を行うものが確認されたという。

 現在、判明している攻撃の対象となるソフトウェアは、Adobe Reader/Acrobat、Flash Player、Java(JRE)、Windowsなど。JPCERT/CCが確認している範囲では、攻撃に使用されている脆弱性は既にパッチ提供済みのため、各製品を最新版の状態にアップデートすることでマルウェアの感染は防止できるとしている。

 また、これらのマルウェアに感染した場合は、偽セキュリティソフトが起動する、意図せずJavaの起動画面が出る、PCの動作が不安定になるなどの状態になることがあり、感染が疑われる場合はネットワークから切り離して対処を行ってほしいとしている。


関連情報

(三柳 英樹)

2010/4/28 17:01